手や髪の毛だけじゃない!韓国語のいろんな『洗う』の使い分けは?

ニュアンスや意味

日本語の「洗う」に相当する韓国語と言えば、씻다・감다・빨다などがあります。 これらは「何を」洗うのかによって、使う語彙を変えるのが特徴です。 そこで今回は、韓国語の「洗う」にはどんな表現があり、いつどれを使えばいいのかを紹介していきます。

【-ㄴ지や-는지の使い分け】何がどうわからないのかを表現してみよう

基礎文法

わからないことを誰かに聞きたいと思った時、大事なことはなんでしょうか? それは「何がどうわからないのか」を、きちんと伝えることです。 そうすれば、質問された方も答えやすくなるからですね。 今回はまさに、わからないこと質問をする時に必要になる文法です。

【늘、항상、언제나】韓国語で『いつも』を意味する言葉の違いは?

ニュアンスや意味

韓国語で「いつも」の意味でよく用いられる言葉には、大きく3つあります。 항상と늘と언제나です。 どれも似たような意味で、しかも入れ替えができることが多く、違いがあってないような言葉です。 今回は、そんな3つの語彙の違いについて解説していきます。

1 2 3 5

To the top