【이、그、저】距離感やイメージに合わせた『これ、それ、あれ』の使い分けって?

基礎から復習

「이、그、저」を日本語に訳すると、どのようになるでしょうか。 「この、その、あの」ですね。 日本語と韓国語には、こうした「何かを指し示す」ニュアンスを持った言葉が存在します。 ところが日本語と韓国語では、これらが同じような使い方をしないケースがあります。

「안、속、중」ってどう違うの?韓国語で『中』を意味する言葉

ニュアンスや意味

「~の中」といった表現は日本語でもよく使いますが、これらを韓国語で表そうとすると3つの言葉が出てきます。 안と속と중です。 この中からどれを使えばいいのか、ややこしくなる人は多いと思います。 今回は、안・속・중を区別するポイントを解説していきます。

【실수と실패の違い】失敗談やミスをした話を「失敗」とは言わない

ニュアンスや意味

間違いやミスにより、望んでいた結果が得られなかった時や、よくないことが起こった時、よく「失敗した」と言います。 ところが「失敗する」を韓国語で表現しようとすると、실수(失手)と실패(失敗)の2つが出てきます。 실수と실패の違いですが、「小さなミス」か「大きな間違い」かで区別すると考えている人は多いとか思います。

1 2 3

To the top