『~だったよ』感情や気持ちを思い出して話す「-더라/더라고」のニュアンス

文法や応用

-더라は過去の出来事について話をする時に使う文法です。 自分が体験したことを思い起こし、その時の様子などを伝えます。 頭の中で場面をイメージしながら話をしていくわけですが、思い起こす内容が「行動か感情か」によって使い方が

【~だけど、~してたのに】-던데ってどういう意味?過去のできごとを前置きにする話とは?

文法や応用

-던데は「~だったけど、~だったが」のように、過去に見聞きしたものを思い出しながら話す時に使われます。 ところが-더라と混同する人も多く、結構ややこしくなりやすい文法です。 そこで-던데について解説していきます。

【-았/었/였】過去形の作り方と表現を覚えよう『~だった、~しました』

基礎文法

「~です、~します」といった現在の話ができるようになったら、次は過去形です。 いわゆる「~でした、~しました」というような話に使う表現ですね。 過去形が使えるようになると、表現できることが一気に広がります。

ページの先頭へ