「ごめんなさい」 「すみません」 「申し訳ありません」 こうした謝罪の表現は、初級の段階で学習するので「もうわかっているよ」という人は多いかと思います。 しかし、普段あまり使わないものを含めると、ニュアンスなどで迷う人もいるのではないでしょうか。