カタカナでは通じない!日本語と発音が違う世界の国や地域の名前12選

単語クイズ

世界の国や地域の名前を、日本語ではカタカナ(英語)で表現することが多いですが、韓国語でも似たような発音のものはよくあります。 例えば、ベトナム(베트남)とかですね。 ところが韓国語には、영국(英国)や독일(獨逸)、あるいは호주(豪州)のような「漢字語」で表現するわけでもないのに、日本語とは全く発音の異なる国や地域の名前があります。

【漢字語を覚えるコツ】韓国の漢字と日本の漢字の違いってなに?

勉強法や対策

地下鉄の駅などで「漢字で書かれた看板」を見かけるように、韓国にも漢字はあります。 韓国語の語彙の大半は漢字語ですが、すべてハングルで表示するため、覚えにくいと感じている人は多いかと思います。 そこで、漢字語を覚えやすくするためのポイントを紹介したいと思います。

韓国語の英語表記がいくつもあるのはなぜ?ハングルのローマ字読みと変換の方法

発音や表記

道路標識には、ハングルの他に「英語」でも書かれたものをよく見かけます。 韓国語の地名などを「外国語」で表記したわけですが、このような表示には一定の規則があります。 そこで、韓国語を英語で表記する方法についてです。 これを知っていれば、英語で書かれた韓国人の名前を見て、ハングルも簡単に予想できるようになります。

To the top