「得意なこと、不得意なこと」 「できること、できないこと」 これらを表現したい時、簡単に使える文法には「잘や못」があります。 ところが、これだけでは表現できることに限界があります。 そこで、さらに広いニュアンスに対応した文法の登場です。