【-면 안 되다】禁止事項を表す『~したらいけない』で表現できること

基礎文法

禁止したいことを表す-면 안되다を練習してみましょう。 韓国語で「~してはいけない」という意味ですが、使い方はこれだけにとどまりません。 いくつかのニュアンスがあるので、それらを覚えれば一気にレベルアップできるでしょう。

いくつものニュアンスを持つ『되다』の状況に合わせた使い分け

ニュアンスや意味

自分の意志とは関係なく、何らかの状態になるというニュアンスを持っている되다。 되다を使った表現は使用頻度が高い上に、場面によって意味が変化します。 そこで今回は되다のニュアンスにはどんなものがあるのかを紹介していきます。

【可能性に許可や禁止など】ㄹ 수 있다/없다の『~できる』以外の使い方

文法や応用

-ㄹ 수 있다/없다は、一般的に「可能・不可能」の意味として広く知られています。 ところがこの文法には他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで今回は、-ㄹ 수 있다/없다を可能・不可能以外の意

『触るな、いじるな』の韓国語は「距離感」でニュアンスを区別しよう

ニュアンスや意味

ニュアンスの似た意味の韓国語がいくつか出てきた時、これらの違いを日本語の語彙だけを頼りに区別しがちではないでしょうか。 しかしそれだけでニュアンスの違いをつかむのは難しいことです。 例えば韓国語の「触る、いじる」がそうで

【命令や勧誘の間接話法】-라고や-자고を使った文の作り方と注意点

文法や応用

命令文や勧誘文と組み合わせた間接話法について、-라고や-자고を使った表現と、よくありがちなミスや注意点を解説していきます。 命令や勧誘の間接話法が得意でない人は、自分が苦手とする部分を確認してみましょう。

ページの先頭へ