8つの顔を持つ『되다』と状況に合わせて使い分けたいニュアンス

ニュアンスや意味

自分の意志とは関係なく、「何らかの状態になる」というニュアンスを持っている되다。 되다を使った表現は使用頻度が高い上に、場面によって意味が変化します。 そこで今回は、되다のニュアンスにはどんなものがあるのかを紹介していきます。

「可能性に許可や禁止」など-ㄹ 수 있다/없다の『~できる』以外の使い方

文法

-ㄹ 수 있다/없다は、一般的に「可能・不可能」を表す文法として広く知られています。 ところが、これには他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで今回は、-ㄹ 수 있다/없다を「可能・不可能」以外の意味で使うケースを解説していきます。

To the top