パッチムと次に来る音により、子音同士がぶつかると、必ず発音に変化が起こります。 激音化や濃音化もその一つですが、これらにはある程度「規則やパターン」があります。 今回は、激音化や濃音化が起こるパターンと練習について話していきます。