「은/는」との組み合わせでも変わる「-것 같다」のニュアンスって?

文法

推測や推量を意味する文に使われることが多い「-것 같다」の文。 動詞や形容詞の連体形(-ㄴ/은など)と組み合わせ、「한 것 같다」のような形で使います。 -것 같다には「推測、比喩、意見」のニュアンスがあり、3つのうちどのニュアンスに当てはまるかを考えて使うのが大事です。

【처럼と같이の違い】比喩の表現で『~ように、~のような』を使い分ける

ニュアンスや意味

「泳いでいるように見える」 「あの人のようになりたい」 あるものを「他の何か」に例えることを比喩といいますが、韓国語で使う比喩の表現には처럼や같은などがあります。 今回は、韓国語の比喩の表現とその使い分けについて、話していきたいと思います。

To the top