「-것 같다」の使い方とニュアンス『~そうだ、と思う』にはどんな文がある?

文法や応用

推測や予想を意味することが多い「-것 같다」の文。 動詞や形容詞の連体形(-ㄴ/은など)と組み合わせて、「~と思う、~のようだ」などの表現に使います。 ところが連体形があるせいで、ニュアンスがややこしくなる人も多い文法で

【~みたい、~のようだ】같다を使った文は長くなるほど『曖昧』になる?

ニュアンスや意味

「本物のようだ」 「あれじゃないかも」 「~みたい、~のようだ」といった、例えや推測の話によく使われるのが같다です。 ところで같다を使った表現は、文が長くなるほどニュアンスが曖昧になるという特徴があります。 같다を用いた

【처럼と같이の違い】比喩の表現で『~ように、~のような』を使い分ける

ニュアンスや意味

「泳いでいるように見える」 「あの人のようになりたい」 あるものを他の何かに例えることを比喩といいますが、韓国語で使う比喩の表現には、처럼や같은などがあります。 今回は韓国語の比喩の表現とその使い分けについて、話していき

ページの先頭へ