あるのものを比較して同じではない部分がある時に、よく「違う」と言いますが、韓国語で違うを意味する言葉としてよく使われるのが、틀리다/다르다/아니다です。 今回はこれらの使い方とニュアンスの違いを解説していきます。