【-아/어야 하다】義務や条件以外にも使える『~しないといけない』

基礎文法

日本から韓国へ向かう(あるいは逆)の飛行機に乗る時、何時までに空港に行きますか? 個人差はあっても、出発の2~3時間くらい前には空港に到着できるようにしているのではないかと思います。 つまり2時間前までに「空港に行かなけ

【-면】もし『~なら、れば』を練習する!旅行に行くならどこに行きたい?

基礎文法

北米、ヨーロッパ、アジア、南米、オセアニア、その他。 もしあなたが海外旅行に行くとすれば、どこに行きたいですか。 また旅行に行ったならば、そこで何をしてみたいですか。 みんな一度は行ってみたい国や地域があるのではないかと

『もう行かないと、帰らないと』を韓国語で?義務を意味する「-아/어야지요」の使い方

文法や応用

「もう帰らないと」 「もう行かなきゃ」 こんな感じのことを言いたい時って、結構あるではないかと思います。 今回は「~しなきゃ、~しないと」という意味の、-아/어야지(요)の文について解説していきます。

必須条件の「-아야/어야」って?『~じゃないと、~でこそ』の韓国語

文法や応用

「これは絶対あの人じゃないと」 「この料理にはやっぱり、あれがないと」 こういった文に使える文法の一つに、-아/어야があります。 ~でこそ、~してこそという『必須条件』を表しますが、これがわかると会話にも幅が出てきます。

【~たられば】-면を使った文を場面やケースに合わせて使い分けよう

ニュアンスや意味

「~ならいいのに」 「~だったなら」 「~なら」 -면はバリエーションに富んだ使い方ができる一方、その分難しくなる文法です。 今回は-면を使った、いわゆる「たられば」の表現を場面に合わせて使い分けてみましょう。

【~しなければ、~しないと】強制力が変わる『-야 되다と-야 하다』の違いとは?

文法や応用

「~しなきゃ」を韓国語で表現する時、해야 하다と해야 되다を使うことができますが、これらは基本的に同じニュアンスの文法です。 ところが実際は、それぞれに「微妙に違うイメージ」を持っている人は多いです。 そこで今回は、これ

ページの先頭へ