「-것 같다」の使い方とニュアンス『~そうだ、と思う』にはどんな文がある?

文法や応用

推測や予想を意味することが多い「-것 같다」の文。 動詞や形容詞の連体形(-ㄴ/은など)と組み合わせて、「~と思う、~のようだ」などの表現に使います。 ところが連体形があるせいで、ニュアンスがややこしくなる人も多い文法で

【~みたい、~のようだ】같다を使った文は長くなるほど『曖昧』になる?

ニュアンスや意味

「本物のようだ」 「あれじゃないかも」 「~みたい、~のようだ」といった、例えや推測の話によく使われるのが같다です。 ところで같다を使った表現は、文が長くなるほどニュアンスが曖昧になるという特徴があります。 같다を用いた

【短縮形よりも実戦的】間接話法の応用でより小慣れた表現を使いこなそう

文法や応用

間接話法と言えば「伝聞、引用」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし実際の会話では「さっき~って言ったろ」のように、伝聞や引用とは全く関係がないように見える文に間接話法が用いられることもあります。 こうし

ページの先頭へ