「つい~だろうと思った」 「てっきり…と思ってた」 -ㄹ 줄 알다/모르다には「~できる、できない」の他に、~だろうと思った/思わなかったという意味があり、同じ形でも全く異なる表現として使うことがあります。