【~たられば】-면を使った文は表現の種類とニュアンスが豊富

ニュアンスや意味

「~ならいいのに」 「~だったなら」 「~なら」 ~면は、バリエーションに富んだ使い方が可能な文法です。 様々なニュアンスを表現できますが、その分使いこなすも難しくなります。 今回は「-면」を使った、いわゆる「たられば」の表現についてです。

【~しなければ、~しないと】強制力が変わる『-야 되다と-야 하다』のイメージとは?

文法

突然ですが、「宿題しなきゃ」は何と言えばいいでしょうか? 「~しなければ」を意味する表現には、해야 하다と해야 되다があります。 これらは基本的に同じ意味で使いますが、二つに「微妙に違うイメージ」を持って使っている人も多いです。

To the top