다가のニュアンスと使い方が難しいと感じてしまうのはどうして?

文法

「材料を煮てたら焦げてしまった」 「野菜を切っていたらケガした」 다가は「何かをしていた状態から、状況が変化した時」などによく使われる文法です。 ところが、使用頻度が高いのに対して「使い方がわからない、難しい」という人は多いです。 そこで、다가の使い方などを解説していきます。

되다は場面によって意味が変わる!状況に合わせて使い分けたいニュアンス

ニュアンスや違い

自分の意志とは関係なく「何らかの状態になる」というニュアンスを持っている되다。 되다を使った文は使用頻度が高い上に、場面によって意味が変化します。 今回は、되다を使った文のニュアンスにはどんなものがあるのかを、紹介していきます。

To the top