「-겠」で丁寧にお願いする!敬語としても使える『婉曲や歪曲』の表現

文法
低姿勢

「-겠」を使った表現には、丁寧な物腰で話すことによって「言葉にソフトな印象を持たせる」といった効果があります。 一般的には「お願い」をする時などに使われることが多いです。 今回は、控えめな態度で話す時に用いる「-겠」の表現についてです。

【주라고と달라고がややこしい】指示と依頼の違いがわかれば、間接話法は克服できる

文法

주라고と달라고の違いについて、解説していきます。 주다は「あげる」という意味ですが、間接話法では「もらう」というニュアンスにもなります。 そのため「誰が誰に対して発言しているのか」がややこしくなり、間接話法が難しいと感じてしまう原因の一つでもあります。

教科書通りじゃないから難しい?自分の意見や考えを伝える「間接話法の応用」って?

文法

間接話法と言えば「伝聞」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし、実際の会話では「さっき、~って言ったろ」のように、伝聞とは全く関係のない文に、間接話法が用いられることもあります。 こうした表現を使いこなすためには、間接話法の応用について知っておく必要があります。

ずっと待つ?待っていられる?場面に合わせて使い分ける「待て」のニュアンス

いろんな表現

日本語に「待つ、待て」は一つしかありませんが、韓国語では「場面や状況」によって、いくつかの表現があります。 韓国語の「待つ」には、どんなが言い方があるのかを紹介していきます。 中には直訳すると微妙なものもありますが、それらはニュアンスを感じ取ってください。

【韓国語の美容室に行く】失敗しないカットの頼み方と最低限覚えておきたい表現

いろんな表現

韓国で美容室に行きたくても、ためらってる人は多いと思います。 「変にカットされたらどうしよう」という恐怖感や、そもそもカットオーダーの仕方がわからないのが、理由として挙げられると思います。 そこで今回は、韓国の美容室で失敗しないための話です。

「大中小」や「大盛り」はどう言えばいい?人数や量に合わせた注文の仕方

いろんな表現

食堂に入り、いざ注文しようにも「人数や量」に対して、どのように言えばいいか困ったことはないでしょうか。 そこで、最低限覚えておきたい「人数や量に合わせた注文方法」についてです。 また、お店で使えるちょっとした表現も、あわせて紹介していきます。

To the top