【주라고と달라고がややこしい】指示と依頼の違いがわかれば、間接話法は克服できる

文法

주라고と달라고の違いについて、解説していきます。 주다は「あげる」という意味ですが、間接話法では「もらう」というニュアンスにもなります。 そのため「誰が誰に対して発言しているのか」がややこしくなり、間接話法が難しいと感じてしまう原因の一つでもあります。

教科書通りじゃないから難しい?自分の意見や考えを伝える「間接話法の応用」って?

文法

間接話法と言えば「伝聞」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし実際の会話では「さっき~って言ったろ」のように、伝聞とは全く関係のない文に間接話法が用いられることもあります。 こうした表現を使いこなすためには、間接話法の応用について知っておく必要があります。

ずっと待つ?待っていられる?場面に合わせて使い分ける「待て」のニュアンス

いろんな表現

日本語に「待つ、待て」は一つしかありませんが、韓国語では「場面や状況」によって、いくつかの表現があります。 そこで韓国語の「待つ」には、どんなが言い方があるのかを紹介していきます。 中には直訳すると微妙なものもありますが、それらはニュアンスを感じ取ってください。

To the top