「可能性に許可や禁止」など-ㄹ 수 있다/없다の『~できる』以外の使い方

文法

-ㄹ 수 있다/없다は、一般的に「可能・不可能」を表す文法として広く知られています。 ところが、これには他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで今回は、-ㄹ 수 있다/없다を「可能・不可能」以

ページの先頭へ