韓国語にはどんな品詞がある?辞書に表示されている単語の分類を知ろう

文法や応用

単語を辞書で調べると「名」や「動」あるいは「形」といった、品詞を表す言葉が出てきます。 品詞とは、単語を「意味や特徴」に合わせて分類(カテゴライズ)したものです。 品詞の種類がわかれば、より効率的に辞書が使えるようになっ

【韓国語の助詞の使い分け】基本パターンとよく使う助詞の種類は?

文法や応用

韓国語を学んでいる人が間違えやすいのが「助詞の使い方」です。 いつどのような時に、どの助詞を使えばよいのか、迷ってしまう人は多いと思います。 そこで今回は、韓国語の助詞の基本的な使い分けをまとめてみました。

『~がる』-아/어하다の使い方がわかると-이/가と-을/를も区別できる

文法や応用

韓国語は日本語と同じく「助詞」を使う言語ですが、日本語と使い方が少し違います。 そのため「-이/가」と「-을/를」は、日本人が間違えやすい助詞ですが、こうした助詞の使い分けと深い関連のある文法「-아/아하다」はご存じでし

【이/가と은/는の違い】情報が古いか、新しいかでどちらの助詞を使うか判断しよう

文法や応用

日本語と韓国語は似ている言語と言われています。 しかし「助詞の使い方」など異なる部分もあり、特に-이/가(~が)と-은/는(~は)の区別は、学習者を悩ませると思います。 そこで今回は、2つのうちどちらを使えばいいか、文の

ページの先頭へ