【作文が高得点の鍵】韓国語能力試験(TOPIKⅡ)の書き取り対策と勉強法

勉強法や対策

韓国語能力試験(TOPIKⅡ)を受ける人が、最も難しいと感じるのが「書き取り」の問題だと思います。 難易度が高い上に、制限時間が短く、書かなければならない文量も多いからですね。 しかし、この壁を越えられれば、TOPIKⅡで高得点を狙うことも可能になってきます。

【韓国の原稿用紙の書き方】日本との違いから「用紙の使い方」を覚えよう

勉強法や対策

韓国語能力試験などの語学試験を受ける人にとって、避けて通れないのが「作文」です。 韓国語で長文を書くことを要求されるわけですが、この時、「原稿用紙の使い方を知っているか」で試験結果が左右されることもあります。 せっかくいい文章を書いたとしても、用紙を正しく使えなければ、減点されてしまうからです。

【直接話法と引用文】韓国語版「かぎかっこ」の使い方をマスターしよう

間接話法

日本語で文章記号といえば、「かぎかっこ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 韓国語で「かぎかっこ」と同じような役割として使われるのが、ダブルクォーテーション(” “)とシングルクォーテーション(’ ‘)です。。 今回は、直接話法と関連して、文章中のダブルクォーテーションやシングルクォーテーションの機能や使い方などの話です。

To the top