【-았/었/였】過去形の作り方と表現を覚えよう『~だった、~しました』

基礎文法

「~です、~します」といった現在の話ができるようになったら、次は過去形です。 いわゆる「~でした、~しました」というような話に使う表現ですね。 過去形が使えるようになると、表現できることが一気に広がります。

【-아요/어요/여요②】規則通りに変化しない『変格活用』を覚えよう

基礎文法

-아요/어요はやわらかい口調で「です、ます」を表現する語尾です。 通常は語幹の母音に合わせて-아요/-어요を使い分けますが、요体の中には規則通りに変化しない語彙があります。 今回は特殊な変化をする요体を練習しましょう。

ページの先頭へ