【잘と못をうまく使う】得意・不得意を簡単に表現してみよう

基礎から復習

「得意なことを韓国語で表現する」と言ったら、どんな文を思い出しますか? 中級まで学んだ人なら、可能・不可能を表す「-ㄹ 수 있다/없다」が出てくる人も多いのではないかと思います。 ところが、そんな文法を使わなくても、もっと簡単に「得意、不得意」は表現できます。

「できそうだ、無理だ」可能性や能力を意味する『겠』で表現力をアップさせよう

文法

겠を使って「可能性や能力」などを表現するパターンを解説していきます。 予定や推測などと比べれば、겠の中でも使用頻度はやや低くなります。 しかし、実際によく使う言い方なので、ぜひマスターして表現力をアップさせましょう。

8つの顔を持つ『되다』と状況に合わせて使い分けたいニュアンス

ニュアンスや意味

自分の意志とは関係なく、「何らかの状態になる」というニュアンスを持っている되다。 되다を使った表現は使用頻度が高い上に、場面によって意味が変化します。 そこで、되다のニュアンスにはどんなものがあるのかを紹介していきます。

【可能性や許可・禁止】-ㄹ 수 있다/없다の『~できる』以外の使い方

文法

-ㄹ 수 있다/없다は、一般的に「可能・不可能」を表す文法として広く知られています。 ところが、これらには他の意味もあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで、-ㄹ 수 있다/없다を「可能・不可能」以外のニュアンスで使う時について解説します。

【-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다】違いは『目に見えるかどうか』で判断しよう

文法

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、「~できる」という意味の文法です。 ところが、同じ「~できる」というニュアンスにも拘わらず、それぞれを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 今回は、2つの文法の違いや使い分けについて解説していきます。

【できる・できない】これだけは覚えておきたい可能・不可能の表現

いろんな表現

韓国語で「できる・できない」といえば、-ㄹ 수 있다/없다を思い浮かべる人は多いと思います。 もちろん、-ㄹ 수 있다を使うことはありますが、他にも可能・不可能を表す表現はいくつかあります。 そこで今回は、韓国語の「できる、できない」で、よく使うものを集めてみました。

To the top