いくつものニュアンスを持つ『되다』の状況に合わせた使い分け

ニュアンスや意味

自分の意志とは関係なく、何らかの状態になるというニュアンスを持っている되다。 되다を使った表現は使用頻度が高い上に、場面によって意味合いが変化します。 今回は되다の中でも会話でよく使われているものと、そのニュアンスを紹介

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다の違いは『目に見えるかどうか』で判断できる

文法や応用

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、どちらも「~できる」という意味で使われる文法です。 ただ同じ「~できる」と言っても、お互いを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 2つの文法の違いや使い分けは「目に見え

『できる・できない』の韓国語でよく使う表現にはどんなものがある?

いろんな表現

韓国語で「できる、できない」といえば、-ㄹ 수 있다/없다を思い浮かべる人は多いと思います。 もちろんそれも間違いではないのですが、他にも可能・不可能の表現はあります。 今回はそんな韓国語の「できる、できない」を表す文法

ページの先頭へ