【것を使った表現③】ニュアンスの判断が難しい『~すること』をマスターしよう

基礎文法

連体形の中で最も難しいのが、-ㄹ/을と것を組み合わせたものです。 ニュアンスがいくつもあるので、他の連体形とややこしくなることはよくあります。 しかしこれがしっかり理解できれば、連体形は一通り使いこなせるようになるでしょ

【-ㄹ 것이다②】予想や推測に基づいた話をする『~だろう、~と思う』

基礎文法

「晴れると思うよ」 「雨が降るだろうと思う」 こんな感じの話を初級レベルの人がしたい時、どんな文法を用いればいいでしょうか。 こういう時に便利なのが「-ㄹ 것이다」です。 -ㄹ 것이다には予定や計画の他にもニュアンスがあ

【-ㄹ 것이다①】韓国語で今日の予定を話してみよう『~するつもりです』

基礎文法

「今日は何するの?」 「今度の休みはどうするの?」 こうした話題に対してあなたなら、どんな話をするでしょうか? おそらく「~しようと思う」とか「~する予定だよ」といった話をするのではないかと思います。

「-것 같다」の使い方とニュアンス『~そうだ、と思う』にはどんな文がある?

文法や応用

推測や予想を意味することが多い「-것 같다」の文。 動詞や形容詞の連体形(-ㄴ/은など)と組み合わせて、「~と思う、~のようだ」などの表現に使います。 ところが、-것 같다は状況によってニュアンスが変化します。 そこで今

「ㄴ/은」と「는」が難しい?連体形の動詞と形容詞の違いは?

文法や応用

「白いワイシャツ」 「開放的な部屋」 「うれしそうな表情」 名詞に新たな意味をつけ加えるため、形を変えた動詞や形容詞を「連体形」といいます。 用言が連体形になると-는や-ㄴ/은などになりますが、一見すると同じ形もあるため

ページの先頭へ