【것を使った表現③】連体形の「-ㄹ 것」は使い方と意味が一番難しい?

基礎文法

連体形と것のシリーズ第3弾は「-ㄹ 것」についてです。 -ㄹ 것のニュアンスや使い方はもちろん、よくあるミスや間違えそうなケースといったポイントも解説していきます。 ここまでできるようになれば、連体形は一通り使いこなせるようになるでしょう。

「-것 같다」の使い方とニュアンス『~そうだ、と思う』にはどんな文がある?

文法

推測や予想を意味することが多い「-것 같다」の文。 動詞や形容詞の連体形(-ㄴ/은など)と組み合わせて、「~と思う、~のようだ」などの表現に使います。 ところが、-것 같다は状況によってニュアンスが変化します。 そこで今回は、-것 같다にはどんな文があるのかを紹介していきます。

To the top