【-ㄹ 수 있다/없다】できる・できないを表現するのに便利な文法って?

基礎文法

「得意なこと、不得意なこと」 「できること、できないこと」 これらを表現したい時、簡単に使える文法には「잘や못」があります。 ところが、これだけだと表現できることには限界があります。 そこで、さらに広いニュアンスに対応した文法の登場です。

「可能性に許可や禁止」など-ㄹ 수 있다/없다の『~できる』以外の使い方

文法

-ㄹ 수 있다/없다は、一般的に「可能・不可能」を表す文法として広く知られています。 ところが、これには他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで今回は、-ㄹ 수 있다/없다を「可能・不可能」以外の意味で使うケースを解説していきます。

「-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다」の違いは『目に見えるかどうか』で判断しよう

文法

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、どちらも「~できる」という意味で使われる文法です。 ところが、同じ「~できる」と言っても、お互いを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 今回は、2つの文法の違いや使い分けについて解説していきます。

『できる・できない』の韓国語で覚えておきたい表現を集めてみた

いろんな表現

韓国語で「できる、できない」といえば、-ㄹ 수 있다/없다を思い浮かべる人は多いと思います。 もちろん、-ㄹ 수 있다を使うことはありますが、他にも可能・不可能を表す表現はいくつかあります。 今回は、韓国語の「できる、できない」を表す文法で、よく使うものを集めてみました。

To the top