連体形の中で学習者が最も苦戦するのが、-ㄹ/을 것です。 ニュアンスがいくつもあるので、他の連体形とややこしくなったりするからなのですが、これが理解できれば、連体形は一通り使いこなせるようになります。