「~に値する、~する価値がある」 -ㄹ 만하다といえば、教材には大体このようなニュアンスで出てくると思います。 もちろんこういう意味で使うこともありますが、他にも何通りかの意味があり、そのせいで難しいと感じる人が多い文法