【-ㄹ 수 있다/없다】できる・できないを表現するのに便利な文法って?

基礎文法

「できること、できないこと」を表現したい時、最も簡単に使える文法は「잘、못」です。 ところが、これだけでは表現できることに限界があります。 そこで、さらに広いニュアンスに対応した文法の登場です。

【잘と못をうまく使う】得意・不得意を簡単に表現してみよう

基礎文法

得意なことを韓国語で表現すると言ったら、どんな文を思い出しますか? 中級まで学んだ人なら、可能・不可能を表す「-ㄹ 수 있다/없다」が出てくる人も多いのではないかと思います。 ところがそんな文法を使わなくても、もっと簡単

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다の違いは『目に見えるかどうか』で判断できる

文法や応用

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、どちらも「~できる」という意味で使われる文法です。 ところが同じ「~できる」と言っても、お互いを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 そこで今回は、2つの文法の違いや使

『できる・できない』の韓国語でよく使う表現を集めてみた

いろんな表現

韓国語で「できる、できない」といえば、-ㄹ 수 있다/없다を思い浮かべる人は多いと思います。 もちろんそれが間違いではないのですが、他にも可能・不可能を表す表現はあります。 今回はそんな韓国語の「できる、できない」を表す

ページの先頭へ