-입니다や-이/가 아니다などの文法を習ったばかりの人は、それらを使って誰かについて話をしたと思います。 基本的な文型はそのままで、人ではなく「もの」などについて話をする時に使うのが、이것・그것・저것です。