「~です、~ではない」を用いて人やものについて話せるようになったら、次は있다/없다です。 これは人や物が「ある、ない」といった話をする時に使います。 있다/없다はいわゆる存在詞とも言われている言葉です。