韓国語が話せるようになるための難関『中級の壁』を越えるには?

勉強法や対策

初級からコツコツと勉強を続けて、徐々にレベルアップしてきたものの、まだ話せない。 語学試験でもそれなりの点数が取れるようになってきたけど、ある程度自由に話せるかといえば、そうでもない。 中級者が話せるようになるために越えなければならない最後の難関。 それが「中級の壁」です。

韓国語初心者は何から始めればいい?まずは教科書で基礎を固めよう

勉強法や対策

話せるようになるためには、読み書きよりも「話すこと」に重点を置いて練習をすることが大事です。 しかし、ただやればいいというわけでもなく、その内容にも気を配っていく必要があります。 会話力をつけていくために「気をつけるべきこと」を押さえておきましょう。 基礎文法を身につけ、表現力を高めていくために必要なことは?

【初めての教科書選び】独学で勉強する人が教材を選ぶ時のポイント

勉強法や対策

独学かどうかに関わらず、韓国語を学んでいる人や語学に関心のある人が、ひと昔前と比べて、だいぶ増えたように思います。 インターネットの普及もあり、誰でも簡単に語学学習を始めやすい環境になったからでしょうか。 ところで、語学学習を始めるのはいいけど「教科書選び」で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

【韓国版ディクテーション】パダスギで『聞く力』をアップさせよう!

勉強法や対策

少しづつ話せるようになってきてはいるけど、相手が何を言っているのか聞き取れない。 質問をしても、返ってきた答えがわからず、こちらが返答に困ってしまう。 「聞き取り力」が不足してるために、会話に苦労するというパターンですが、なぜこういうことが起こるのでしょうか。

やってはいけない勉強法って?独学で学ぶ人が押さえるべきポイント

勉強法や対策

韓国語を学ぶ人の中でも「独学で勉強している人」の割合は高いと思います。 韓国語学院やスクールに通うための予算が限られている場合、自分で工夫して勉強していくしかありません。 そのため、みんな「自分に合った勉強法」を研究するわけですが、どのように勉強をしていくべきなのでしょうか。

留学しなくても語学力は身に付く?留学すると話せるようになるって本当?

勉強法や対策

語学力の高い人を見ると、つい「そうでない自分」と比較してしまうことはないでしょうか? あの人は留学したから、韓国語が上手なんだ… 彼女は韓国人の友達がたくさんいるけど、自分はそうじゃないから… だから、自分も留学すれば話せるようになるかもと考えている人も多いでしょう。 ところで、韓国に留学すると話せるようになるというのは本当なのでしょうか?

【1対1で韓国語を習う】マンツーマンレッスンを上手に活用する方法

勉強法や対策

語学教室に通ったり、スカイプのレッスンを受けてみるなど、韓国語を習う方法は様々ですが、せっかくなら「1対1で教わりたい」と考えている人もいると思います。 グループのような「複数」で受講するレッスンに比べて、より丁寧な指導を受けることができるからですね。 実際そういった人たちに、外国語をマンツーマンで教えてくれるレッスンは、たくさんあります。

【作文が高得点の鍵】韓国語能力試験(TOPIKⅡ)の書き取り対策と勉強法

勉強法や対策

韓国語能力試験(TOPIKⅡ)を受ける人が、最も難しいと感じるのが「書き取り」の問題だと思います。 難易度が高い上に制限時間が短く、書かなければならない文量も多いからですね。 しかし、この壁を越えられれば、TOPIKⅡで高得点を狙うことも可能になってきます。

【韓国の原稿用紙の書き方】日本との違いから『用紙の使い方』を覚えよう

勉強法や対策

韓国語能力試験などの語学試験を受ける人にとって、避けて通れないのが「作文」です。 韓国語で長文を書くことを要求されるわけですが、この時「原稿用紙の使い方を知っているか」で、試験結果が左右されることもあります。 せっかくいい文章を書いたとしても、用紙を正しく使えなければ、減点されてしまうからです。

【漢字語を覚えるコツ】韓国の漢字と日本の漢字の違いってなに?

勉強法や対策

地下鉄の駅などで「漢字で書かれた看板」を見かけるように、韓国にも漢字はあります。 韓国語の語彙の大半は漢字語ですが、すべてハングルで表示するため、覚えにくいと感じている人は多いかと思います。 そこで、漢字語を覚えやすくするためのポイントを紹介したいと思います。

1 2

To the top