「ごめんなさい、すみません」今さら聞けない謝罪の表現のニュアンス

ニュアンスや意味

「ごめんなさい」 「すみません」 「申し訳ありません」 こうした謝罪の表現は、初級の段階で学習するので「もうわかっているよ」という人は多いかと思います。 しかし、普段あまり使わないものを含めると、ニュアンスなどで迷う人もいるのではないでしょうか。

【실수と실패の違い】失敗談やミスをした話を「失敗」とは言わない

ニュアンスや意味

間違いやミスにより、望んでいた結果が得られなかった時や、よくないことが起こった時、よく「失敗した」と言います。 ところが「失敗する」を韓国語で表現しようとすると、실수(失手)と실패(失敗)の2つが出てきます。 실수と실패は「小さなミス」と「大きな間違い」によって区別すると考えている人は多いとか思います。

【처럼と같이の違い】比喩の表現で『~ように、~のような』を使い分ける

ニュアンスや意味

「泳いでいるように見える」 「あの人のようになりたい」 あるものを「他の何か」に例えることを比喩といいますが、韓国語で使う比喩の表現には처럼や같은などがあります。 今回は、韓国語の比喩の表現とその使い分けについて、話していきたいと思います。

1 2 3 4

To the top