【直接話法と引用文】韓国語版『かぎかっこ』の使い方をマスターしよう

間接話法

日本語で文章記号といえば、「かぎかっこ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 韓国語でこれと同じような役割として使われるのが、ダブルクォーテーション(” “)とシングルクォーテーション(’ ‘)です。 今回は、韓国語版「かぎかっこ」とも言える「ダブルクォーテーションやシングルクォーテーション」の機能や使い方などの話です。

教科書通りじゃないから難しい!自分の意見や考えを伝える「間接話法の応用」って?

間接話法

間接話法と言えば「伝聞」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし、実際の会話では「さっき、~って言ったろ」のように、伝聞とは全く関係のない文に、間接話法が用いられることもあります。 こうした表現を使いこなすためには、間接話法の応用について知っておく必要があります。

【疑問文と間接話法の組み合わせ】-냐고や-느냐고を含んだ表現って?

間接話法

間接話法は「平常文、疑問文、命令文、勧誘文」のうち、どれと組み合わせるかによっても、文型が変化します。 間接話法を疑問文と組み合わせる時は、「-냐고 하다」を使うことになります。 ところが「-냐고 하다」は、組み合わせる語彙によっても、文型が変わります。

To the top