韓国語の「~させる」って?使役の表現の種類とややこしくなるパターンは?

文法

韓国語を勉強している人が、難しさを感じるのが「使役」です。 日本語で「~させる」と表現することの多い使役は、韓国語になると「~させる」と訳せないものがたくさんあるからです。 今回は、使役の表現の種類やニュアンス、使い方などについて解説していきます。

【-게 되다と-아/어지다の違い】女性に『失礼な発言』にならないよう気を付けよう

文法

「~くなる、~になる」と変化を表す表現には、-게 되다と-아/어지다の2つがよく使われます。 ところで、これらを使って「かわいくなった、綺麗になった」を表現したい時。 使い方を間違えると、とんでもないことになる場合があります。

【-기と-ㅁ/음の違い】用言を名詞に変える基準は『過去や未来』ではない

文法

말하다を「말하기」とするように、動詞や形容詞の語幹に「-기」や「-ㅁ/음」を付けることで、用言を名詞にして使うことができます。 ところが、これらの使い分けに悩む人は多いのではないかと思います。 そこで、用言を名詞化する「-기」と「-ㅁ/음」の違いについて解説していきます。

韓国語で「~される」はどう表現する?受け身を表す5種類のパターンとは?

文法

韓国語の受け身(受動態)は、日本人が苦手とする表現の一つと言われています。 日本語にも受け身はあるのに、なぜ韓国語だとわからなくなるのでしょうか。 受け身は「表現の原則」を押さえることが、理解する第一歩になります。

【-던と-았/었던の違い】2つを『~していた』だけで考えるとややこしくなる

文法

「~していた」を表す、-던と-았/었던の違いなどについて解説していきます。 2つのニュアンスを正しくつかむためには、時間の流れをしっかりと意識することがポイントです。 -던が苦手な人は、時間軸に注目してニュアンスをとらえてみましょう。

1 4 5 6

To the top