「-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다」の違いは『目に見えるかどうか』で判断しよう

文法

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、どちらも「~できる」という意味で使われる文法です。 ところが、同じ「~できる」と言っても、お互いを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 今回は、2つの文法の違いや使い分けについて解説していきます。

【주라고と달라고がややこしい】指示と依頼の違いがわかれば、間接話法は克服できる

文法

주라고と달라고の違いについて、解説していきます。 주다は「あげる」という意味ですが、間接話法では「もらう」というニュアンスにもなります。 そのため「誰が誰に対して発言しているのか」がややこしくなり、間接話法が難しいと感じてしまう原因の一つでもあります。

教科書通りじゃないから難しい?自分の意見や考えを伝える「間接話法の応用」って?

文法

間接話法と言えば「伝聞」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし、実際の会話では「さっき、~って言ったろ」のように、伝聞とは全く関係のない文に、間接話法が用いられることもあります。 こうした表現を使いこなすためには、間接話法の応用について知っておく必要があります。

【疑問文と間接話法の組み合わせ】-냐고や-느냐고を含んだ表現って?

文法

間接話法は「平常文、疑問文、命令文、勧誘文」など、どれと組み合わせるかによっても、文型が変化します。 このうち、疑問文と間接話法を組み合わせる時は、文型に「-냐고 하다」を使います。 ところが「-냐고 하다」は、組み合わせる語彙によっても、文型が変わります。

1 3 4 5 6

To the top