【-아/어 가지고】話し方が韓国人っぽくなる文法と使い方のパターン

文法

話し方が韓国人っぽい文法と題して「-아/어 가지고」の使い方やニュアンス、注意点などを解説していきます。 この文法は、外国人はあまり使わないような印象(個人的にそう思う)があります。 そのため、使いこなせればネイティブに一歩近づけるようになるかもしれません。

-아서/어서と-니까の違いは?理由を表す文法はどこが違うの?

文法

-아서/어서と-니까は、どちらも「~だから、~ので」といった表現に使う文法です。 ところが、ニュアンスが似ているために混同しやすく、どちらをどのように使えばよいのかわからない人も多いかと思います。 そこで今回は、これらの違いを解説していきます。

【韓国語の尊敬語の使い方】仕事やアルバイトに役立つ敬語表現の基礎

文法

目上の人との会話で、よく使われる尊敬語。 「相手を持ち上げる」イメージが強いですが、尊敬語は主語を上げる表現のことをいいます。 韓国語の尊敬語には、-시を使って対象となる人の「動作や状態」を持ち上げる方法と、尊敬語の語彙を使う方法の2つがあります。

『~だったよ』感情や気持ちを思い出して話す「더라・더라고」のニュアンス

文法

過去に「自分が見聞きしたこと」を話す時に使う文法です。 自分が体験したことを思い起こし、その時の「感情や気持ち、様子など」を伝えます。 頭の中で、場面をイメージしながら話をしていくわけですが、思い起こす内容が「行動か、それとも感情か」によって、使い方が変わります。

1 2 3 4 5 6

To the top