「可能性に許可や禁止」など-ㄹ 수 있다/없다の『~できる』以外の使い方

文法

-ㄹ 수 있다/없다は、一般的に「可能・不可能」を表す文法として広く知られています。 ところが、これには他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで今回は、-ㄹ 수 있다/없다を「可能・不可能」以外の意味で使うケースを解説していきます。

【-아/어 가지고】話し方が韓国人っぽくなる文法と使い方のパターン

文法

話し方が韓国人っぽい文法と題して「-아/어 가지고」の使い方やニュアンス、注意点などを解説していきます。 この文法は、外国人はあまり使わないような印象(個人的にそう思う)があります。 そのため、使いこなせればネイティブに一歩近づけるようになるかもしれません。

1 2 3 4 5 6

To the top