韓国語の品詞の種類って?辞書に表示されている単語の分類について知ろう

文法

単語を辞書で調べると、「名」や「動」あるいは「形」といった「品詞」が表示がされています。 品詞とは、単語を「意味や特徴」に合わせて分類(カテゴライズ)したもの。 この品詞の種類がわかれば、より効率よく辞書が使えるようになっていきます。

【可能性や許可、禁止】-ㄹ 수 있다/ 없다の「~できる」以外の使い方

文法

-ㄹ 수 있다や-ㄹ 수 없다は、一般に「可能、不可能」を表す文法として広く知られています。 しかし、-ㄹ 수 있다には他のニュアンスもあり、いつも同じ使い方をするとは限りません。 そこで、-ㄹ 수 있다/없다を「可能、不可能」以外の意味で使う時について解説します。

1 2 3 4 5

To the top