-나/거나が「~や」にならない『なんでもいい』のニュアンスの文って?

文法や応用

「これやあれ」などいくつかの候補や選択肢を表したりする時に使う文法といえば、-나です。 ところが-나は他の使い方をすることも多く、文脈によってもニュアンスが変わってきます。 ここでは-나の「~や」以外の使い方のパターンを

【뿐、만、밖에の違い】韓国語の『~だけ、~しか』はどう使い分ける?

文法や応用

「~だけ、~のみ」といった意味を表現をする時に使われるのが、-뿐や-만といった語彙です。 これらはぞれぞれに合わせた使い方があり、単に言葉を入れ替えればいいというものではありません。 そこで뿐、만、밖에を用いた表現の違い

【命令や勧誘の文を簡単に】たったこれだけで表現できる韓国語のちょっとした語尾

文法や応用

「~しなさい」 「~しましょう」 「~しませんか?」 命令や勧誘の文というと、なにか難しい文法を使いそうなイメージはないでしょうか。 もちろん難しい言い方もありますが、そこまでしなくても簡単に表現する方法があります。

【~だけど、~してたのに】-던데ってどういう意味?過去のできごとを前置きにする話とは?

文法や応用

-던데は「~だったけど、~だったが」のように、過去に見聞きしたものを思い出しながら話す時に使われます。 ところが-더라と混同する人も多く、結構ややこしくなりやすい文法です。 そこで今回は-던데がどんな文法なのかを解説して

【~に値する、~に足る】-ㄹ 만한다が難しい「それなりの理由」って?

文法や応用

「~に値する、~する価値がある」 -ㄹ 만하다といえば、教材には大体このようなニュアンスで出てくると思います。 もちろんこういう意味で使うこともありますが、他にも何通りかの意味があり、そのせいで難しいと感じる人が多い文法

1 2 3 6

ページの先頭へ