用件は何ですか?外国人が必ずといってもいいほど間違えるフレーズ

いろんな表現

外国人がついやってしまいがちなミス、直訳するとおかしくなる表現を紹介したいと思います。 外国語には直訳できるものと、意訳(意味やニュアンスから訳する)しかできないものがあります。 このうち、意訳しかできない表現で起こりがちなフレーズです。

ずっと待つ?待っていられる?場面に合わせて使い分ける「待て」のニュアンス

いろんな表現

日本語に「待つ、待て」は一つしかありませんが、韓国語では「場面や状況」によって、いくつかの表現があります。 そこで韓国語の「待つ」には、どんなが言い方があるのかを紹介していきます。 中には直訳すると微妙なものもありますが、それらはニュアンスを感じ取ってください。

韓国語で『朝飯前』は?簡単・楽勝を意味する8種類の表現

いろんな表現

「朝飯前」という言葉は、朝起きてから朝食までの間にする一仕事から由来しています。 空腹で力が入らない状態でもできる、軽い仕事や簡単な作業という意味から、「難しくないもの、手間のかからないもの」を指す言葉として定着しました。 今回は「簡単」を意味する韓国語を集め、その中から「朝飯前」のイメージのに合うものを勝手に選んでみました。

【どうしろって言うんだ?】어쩌다、어쩐지ってどういう意味?

いろんな表現

韓国のドラマや映画を見ていると、어쩌면や어쩐지といった言葉を耳にしたことがあるのではないかと思います。 ところが、意味を調べても難しく書かれていることはよくあります。 そこで今回は、어쩌다や어쩐지がどのようなニュアンスで使われるのかを紹介していきます。

「職人」を韓国語で?プロフェッショナル・一流と呼ばれる人たちを表す言葉

いろんな表現

熟練工やスポーツ選手などをはじめ、一般人には真似のできない高い技術や能力を持った人たち。 彼らのような「何か」でトップに上り詰めた人たちのことを、一流あるいはプロフェッショナルなどと言うすることは多いです。 そんな「一流」の人たちを、韓国語ではどのように表現するのかまとめてみました。

1 3 4 5 6

To the top