「勘の鋭い人」
「空気の読める人」
「顔色をうかがう人」

こういった意味に使える韓国語「눈치」を使った表現を紹介していきます。

日本語に直訳できない言葉でもある눈치には、大きく2つの意味があります。

Ads

洞察力を働かせ、人の気持ちを理解する

察する・感づく・気づく

눈치を一言で言うと「洞察力」です。

物事の本質をとらえる力とも言えるので、「人が何をしたいのか、何を考えているか」を推察する能力とも言えます。

최지현-L

우리 먼저 갈게요.
私たち先に帰るね

최지현-L

자, 얼른 가자.
さあ、はやく行こう

이현빈-R

어디 가는데?
どこ行くんだよ

최지현-L

눈치 채봐.
気づいてあげなよ

최지현-L

은경씨는 둘이만 있고 싶은 거야.
ウンギョンさんは(彼と)二人きりになりたいんだよ

人の気持ちを察したり、くみ取ったりすることを「눈치를 채다」と言います。

こういうのは、男性よりも女性の方が優れていることが多いと思います。

野生の勘・直感で何かを感じ取る、危険を察知する

눈치は、置かれている状況を「直感」で把握する時にも使います。

박기영-R

범인이 눈치를 챈 것 같습니다.
犯人が感づいたようです

警察が来るのを予感して、素早く逃走する犯人など・・・

雰囲気から何かに気づく、場の空気から何かを感じ取る「野生の勘」もまた눈치です。

勘がいい、勘が鋭い、直観力がある人

洞察力のある人は、人をよく見ているので、他人の「ちょっとした変化」にも、すぐ気づくことができます。

김지성-R

너 요즘 남자친구 생겼나?
最近、彼氏できたのか?

강소영-L

아, 아닌데…
いや、違うけど…
(눈치가 빠르네… 어떻게 알았지.)
(勘がいいな…どうしてわかったんだろ)

勘の鋭い人・察しがいい人には「눈치가 빠르다」を使いましょう。

直感で恋人の浮気に気づく人もまた、「눈치가 빠른 사람」です。

Ads

気が利く人、気が利かない人

気配りの上手な人、心配りのできる人

人の気持ちをくみ取るのが上手な人は、気配りのできる人だとも言えます。

한상우-R

눈치 있는 여자는 남자들에게 인기 많아요.
気配りができる女性は、男性にモテますよ

気が利く人・心配りができる人に対して、「눈치가 있다」と言ったりもします。

김대호-R

눈치 있는 사람이 되는 방법이 없을까.
空気が読める人間になる方法ないかな

状況を察知することがうまいので、「空気の読める人」とも言えますね。

気が利かない・空気の読めない「鈍い人」

察するのが下手な人、変化に気がつかない、いわゆる「鈍い人」です。

김철수-R

넌 왜 이렇게 눈치 없어?
お前はなんで、そんなに鈍いんだ?

兵士-R

민숙이는 눈치가 없어서 문제야.
ミンスは気が利かないから困るんだ

空気の読めない人、気が利かない人には「눈치가 없다」と、バッサリいきましょう。

また、鈍い人のことを「둔한 사람」と表現することもできます。

Ads

感情が表に出た「態度や様子、雰囲気や顔色」

様子が見られる、態度に現れている

눈치にはもう一つ、「感情が表に出る」というニュアンスがあります。

つまり、気持ちが表面に現れた「態度や雰囲気」を表します。

황수지-L

말을 안 해도 공부하라는 눈치가 보여요.
口には出さないけど、「勉強しろ」って雰囲気だよ

김대호-L

계속 리필을 했더니 직원의 눈치가 보이네.
おかわりばっかりしてたら、店員が何か言いたそうだ
※리필=おかわり

「눈치가 보이다」で、態度がうかがえる・様子が見られるという意味です。

態度や雰囲気に出ているだけで、言葉にはしていないことがポイントです。

様子をうかがう・顔色を気にする

人の顔色や態度を気にしたり、周りの様子をうかがったり、といった場合です。

김지성-R

더 이상 눈치만 보면서 살기 싫어요.
これ以上、周りを気にしながら生きるのは嫌だ

김영주-R

눈치 보 말고 먹고 싶은 거 마음껏 골라 봐요.
私に遠慮しなくていいから、食べたいものどんどん選んでいいよ

눈치には、顔色や機嫌といった個人の態度だけでなく、場の雰囲気や周りの人たちの目など、ニュアンスが広くなります。

訴える、アピールする

目で「わかってるよね?」と、訴える時をイメージしてみましょう。

あるいは、表情やしぐさなどで好意をアピールするような場面でもいいです。

박기영-L

그러지 말라고 눈치를 줬는데도 모르는 것 같아.
やめろって訴えたけど、わからないみたい

최지현-L

아무리 눈치를 줘도 반응이 없어요.
いくらアピールしても、反応なし

表情や目つき・態度などで、こちらの意図をアピールする、訴えることを「눈치를 주다」といいます。

しかし、相手がそれに気がつかないようであれば、それもまた「눈치가 없다」となります。

まとめ

눈치とは、いわば言葉を使わない意志のやり取りで、だからこそ「空気を読む力」のようなものが重要になります。

ここを押さえてしまえば、눈치を使った表現とニュアンスは理解しやすくなると思います。

ps. 空気が読めない人は、何かと損をすることが多いような気がしますが、物事に敏感になりすぎても疲れてしまいます。

なんでも「ほどほど」が一番です。