直接見える

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、どちらも「~できる」という意味で使われる文法です。

ところが同じ「~できる」と言っても、お互いを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。

そこで今回は、2つの文法の違いや使い分けについて解説していきます。

「-ㄹ 수 있다」のニュアンス

技術や能力による「可能・不可能」

-ㄹ 수 있다で、特技やスキルの有無を表わすことができます。

영어 할 수 있다고 들었는데 유학했어요?
英語できるって聞いたけど、留学したんですか?
어렸을 때 미국에서 살았거든요.
小さい時アメリカで育ったんです
난 영어 할 수 없어서 부럽네요.
私英語できないから、うらやましいなあ

語学に限らず、何かしらの技術を身につけていれば、-ㄹ 수 있다を使うことができます。

料理の腕前なども立派な「能力」なので、このパターンに当てはまります。

何らかの事情による「できること・できないこと」

能力以外の要素や何かしらの事情によって、できる・できないが決まる場合です。

時間やスケジュール

주말에 영화를 보러 가려고 하는데 같이 갈 수 있어?
週末江南に行こうと思うんだけど一緒に行かない?
미안한데 일이 있어서 못 갈 것 같아요.
悪いけど用事があるから、行けないと思う

能力以外の「できる、できない」で代表的なものは、時間やスケジュールなどです。

「予定が入ってて行けない」というように、個人の能力とは全く関係ないことが理由になっています。

条件が整っていない等

오늘은 김치찌개라도 만들어 먹을까?
今日はキムチチゲでも作って食べようか?
재료가 없는데 만들 수 없잖아.
材料がないのに、作れないんじゃん
그러니까 일단 슈퍼로 가자.
だからまずはスーパーに行こう

ここでは料理の腕が問題ではなく、材料や調理器具といった「必要なものがそろっていない」ため、料理が作れない状態です。

「機械が壊れて使えない」
「ガス欠で車が走れない」
「水が汚くて飲めない」

このような場合も、能力とは関係がないですね。

「-ㄹ 수 있다」は何にでも使える

-ㄹ 수 있다/없다は、結局は全ての可能不可能の文に使えると言えます。

1시간 이내에 끝낼 수 있습니다.
1時間以内に終わらせられますよ
내일부터 학교를 다닐 수 있어요.
明日から学校に通えます
선편으로는 짐을 싸게 붙일 수 있어요.
船便では荷物を安く遅れますよ

あらゆる「できる、できない」を表現できるので、能力やスケジュール、許可などなんでもOKです。

「-ㄹ 줄 알다」のニュアンス

「-ㄹ 줄 알다」で表現できるのは能力やスキル

-ㄹ 줄 알다は、能力の有無を表します。

난 영어를 할 줄 알아요.
僕は英語ができます
난 된장찌개를 만들 줄 알아요. (ㅇ)
俺は味噌チゲ作れますよ

줄には「やり方、方法」といった意味があり、それらを知っているというニュアンスになります。

能力やスキルと関係のないものには使えない

-ㄹ 줄 알다は、能力やスキルと関係のない場合には使えません。

내일부터 학교를 다릴 줄 알아요.(×)
明日から学校に通えますよ
선편으로는 짐을 싸게 보낼 줄 알아요. (×)
船便では荷物を安く遅れますよ

学校に行くことや荷物を船便で送るのに、能力は関係ありませんね。

そのため、こういう時は「-ㄹ 수 있다/없다」を使うことになります。

ちなみに-ㄹ 줄 알다には「~と思った」というニュアンスもあり、能力の有無とは区別して使います。

「-ㄹ 줄 알다」は意味が限定される

-ㄹ 줄 알다は「やり方を知っている、その能力を備えている」というのが基本です。

나 피아노 칠 줄 알아요.
私ピアノ弾けますよ
(特技を持っている)
난 이걸 먹을 줄 알아요.
私これ食べれますよ
(食べ方を知っている)

먹을 줄 알다なら「マナーや作法、どこから箸をつけて骨をどう引っぺがして…」といったことができる(知っている)という意味になります。

明日の約束に行けるかどうかというような内容には使えないことが、おわかりいただけたでしょうか。

「-ㄹ 줄 알다」は見える?

-ㄹ 줄 알다が使えるかを判断するポイントを一言で表すと、見えるかどうかです。

「実際に英語で話してみせる」
「料理を作ってみせる」
「目の前で魚の骨を取り除く」

能力を備えているということは、このように「やって見せることができる」とも言えます。

악보 읽을 줄 알아요?
楽譜読めるの?
역까지 갈 줄 알아요.
駅まで行けるよ

楽譜が読めるなら、何かしらの楽器を演奏することができるということになります。

갈 줄 알다も「どのバスに乗り、どの停留所で降りて、どの道を通ればいいのか」という具体的な方法がすべてわかっている。

つまり、実際に案内することもできるということになります。

-ㄹ 줄 알다が使えるか気になったら、やって見せてことができるかにも注目してみましょう。

否定文でのニュアンスの違い

「-ㄹ 수 없다」は何もできない

否定文になっても使い方は肯定文と同じなので、-ㄹ 수 없다であれば「できないこと」すべてを表現することが可能です。

그 날은 일이 었어서 갈 수 없어요.
その日は用事があって行けないです
한자를 읽을 수 없어요.
漢字は読めません
귤이 썩어 가지고 먹을 수 없습니다.
みかんが腐ってて食べれません

「食材が傷んでて食べれない」という意味なら、먹을 수 없다を使えばいいということですね。

「-ㄹ 줄 모르다」は能力がない

-ㄹ 줄 알다の否定文は「-ㄹ 줄 모르다」ですが、こちらも「技術や能力の有無」が基準になります。

난 김치찌개를 만들 줄 몰라요. (ㅇ)
私はキムチチゲは作れません

レシピがわからない、あるいは料理のスキルがないのなら、-ㄹ 줄 모르다が使えます。

재료가 없어서 김치찌개를 만들 줄 몰라요. (×)
材料がないからキムチチゲは作れません

でも材料がない、調理器具がそろっていないといった理由なら、-ㄹ 줄 모르다は使えません。

한자를 읽을 줄 몰라요.(ㅇ)
漢字は読めません

一方で「漢字が読めない」はどちらでも可能です。

漢字に対する知識も持っているからですね。

まとめ

1.-ㄹ 수 있다はなんでも「できる」

2.-ㄹ 줄 알다はスキルを見せられるか

3.-ㄹ 수 없다はなんにも「できない」

4.-ㄹ 줄 모르다はスキルなし

迷った時は-ㄹ 수 있다/없다を使えば、とりあえず間違いはないでしょう。