綺麗になる

「~くなる、~になる」と変化を表す表現には、-게 되다と-아/어지다の2つがよく使われます。

ところで、これらを使って「かわいくなった、綺麗になった」と言いたい時。

使い方を間違えると、とんでもないことになる場合があります。

「-게 되다」と「-아/어지다」の基本的な意味

ある状況に置かれる「-게 되다」

「~するようになる、~することになる」といったように、状況や状態が変わったことを意味します。

인터넷이 너무 빠르게 됐어요.
ネットがすごい早くなりました
내년부터 영국에 유학하게 됐어요.
来年からイギリスに留学することになりました
찌개가 너무 맵게 돼버렸네요.
チゲがすごい辛くなっちゃった

ある状況になると考えた方が、理解しやすいのではないかと思います。

-게 되다は動詞と組み合わさることが多いのも特徴です。

ある状態になっていく「-아/어지다」

-아/어지다は、状況や状態・気持ちの変化を表します。

날씨가 점점 추워지고 있습니다.
天気がだんだん寒くなってきています
지구의 평균기온이 높아지면 북극해의 빙하가 녹아버립니다.
地球の平均気温が高くなると北極海の氷河が溶けてしまいます
10년전에 비해 성격이 부드러워졌어요.
10年前と比べて性格が丸くなりました

「辛くなる、暖かくなる」のように状態が変化していますが、こちらは形容詞と使うのが特徴です。

ところで-게 되다と-아/어 지다は、どちらも変化を表すことに変わりはないので、さほど違いはないように見えますが、時間的なとらえ方が全く違います。

「-게 되다」と「-아/어 지다」のニュアンスの差

結果に注目するのが「-게 되다」

-게 되다は「変化した結果」を表します。

술을 마시고 얼굴이 빨갛게 됐어요.
お酒を飲んで顔が赤くなったよ

結果に重点を置いた表現なので、酒を飲んで赤くなった場合、赤くなった後の話をします。

모양이 날까롭게 된 것 같아요.
とがった形になった気がします

形・模様がとがったような仕上がりになったという意味ですね。

내년부터 중국에서 일하게 됐어요.
来年から中国で働くことになりました

こちらも、状況が変わった結果を表します。

変化の様子に着目するのが「-아/어지다」

-아/어지다は「変化していく様子」を表します。

술을 마시고 얼굴이 빨개졌어요.
お酒を飲んで顔が赤くなったよ

途中経過にも注目するので、だんだん赤くなったことを意味します。

올해 들어서 일이 너무 바빠졌습니다.
今年に入って仕事がすごい忙しくなりました

こちらも「忙しくなっていった」というニュアンスです。

많이 좋아지셨네요.
だいぶ良くなりましたね

体調が回復する時は、急に良くなることはないので、좋아지다を使うことになります。

-게 되다と-아/어지다は、同じ結果にたどり着いたとしても、そこまでの見方が違うわけです。

魔法の力か何かでケガがたちまち治れば、-게 되다でもいいかもしれません。

「きれいになる」はどう言えばいい?

「-게 되다」は突然綺麗になったイメージ

女性に「綺麗になったよね、可愛くなったね」と言いたい時。

-게 되다と-아/어지다のうち、どちらを使えばいいでしょうか?

수연씨는 많이 예쁘게 된 것 같아요.
スヨンさんすごい綺麗になったと思います

-게 되다は結果だけを見るので、途中経過をすっ飛ばして、急激に変化したようなニュアンスになります。

そのため、突然綺麗になったような印象を与えてしまいます。

もし整形手術を受けたのであれば、話は別です。

「-아/어 지다」は少しづつ変わった印象

-아/어 지다は変化にも注目するので、少しづつ変わっていったことを意味します。

수연씨는 많이 예뻐진 것 같아요.
スヨンすごい綺麗になったと思います

本人が努力して、内側から変わっていったイメージです。

したがって女性に「예쁘게 되다」と言った場合、どうなるか想像がつくかと思います。

まとめ

1.-게 되다
変化した後のことを話す

2.形容詞+-아/어 지다
変化する過程を話す

3. 예쁘게 되다(綺麗になった)
いきなり変わった印象

4.예뻐지다(綺麗になった)
本人の努力で自然に変わった印象

女性には理屈抜きで、예뻐지다を使いましょう。