「気のないふり」
「嫌いなふり」
「思わせぶり」

挙げだすときりがないですが、こういった表現に使える文法と、よくある使い方を紹介していきます。

Ads

~なふり、~ぶる、

気があるふり、そっけないふり

「好きなふり、気のあるふり」は、-는 척하다(ふりをする)の文法を使って表現することができます。

yuna-L

이 남자 날 좋아하는 건가? 좋아하는 척하는 건가?
この人私のことが好きなのか?好きなふりしてるのか?

女子4-L

좋아하는 여자 앞에서 싫어하는 척하는 이유가 뭘까?
好きな子の前で嫌いなふりをする理由って何だろう?

좋아하는 척(好きなふり)
싫어하는 척(嫌いなふり)
관심이 있는 척(気のあるふり)
관심이 없는 척(気のないふり)
좋아하지 않는 척(好きでもないふり)

こんな感じで、~척하다と組み合わせて使います。

嫉妬してる?妬いてるふり?

~척하다(~ぶる)は、動詞や形容詞だけじゃなく、이다아니다と一緒に使うこともあります。

男子2-R

너 질투하는 거야?
妬いているのか?

女子2-L

미쳤어?
はあ?

男子2-R

아닌 척은!
とぼけちゃって
은근히 신경 쓰는구나.
なにげに気にしてるんだな

~척하다に아니다を付ければ、「~ではないふり」という意味になります。

会話の内容によっては、「とぼける」といったニュアンスで使うこともできます。

参考:しらばっくれる、とぼける

思わせぶりな態度

「思わせぶり」は、관심이 있는 척(気のあるそぶり)でもいいですが、別の表現があります。

女子3-L

더 이상 기대하게 하지마.
これ以上、思わせぶりの態度はしないで

兵士-L

사람 착각하게 만들지 마.
人を勘違いさせるな

思わせぶりとは、好意があるふりをすることで、相手に期待感を持たせたり、告白させるといった「何かしらのアクション」をするように仕向けることです。

そのため、-게 하다(-게 만들다)を使って表現したりもします。

参考:ある状況を作り出す「-게 하다」

기대하다(期待する)や착각하다(勘違いする)の他には、오해하다(誤解する)なども使います。

Ads

見て見ぬふり、知らんぷり

見えないふり「못 본 척하다」

「~のふり」は、好き嫌い以外の言葉でもよく使います。

その一つが、못 본 척하다です。

鬼軍曹-R

힘 없는 사람을 보고도 못 본 척하는 사회.
弱者を見て見ぬふりする社会

アジュンマ-R

넌 그냥 못 본 척해.
あんたは知らなかったことにしなさい

直訳すれば「見えないふり」ですが、「見て見ぬふり、目をつむる」という意味でも使います。

部屋の掃除で、棚を動かし、大量のほこりを見つけてしまったけれども・・・

デブ-R

못 본 걸로 합시다.
見なかったことにしよう

そっと、棚をもとに戻してしまうのも못 본 척하다です。

似たような使い方で、못 들은 척하다(聞こえないふり)もあります。

見るか聞くかの違いですね。

知らないふり「모른 척하다」

모른 척하다もよく使う表現です。

女子1-L

날 피하는 거야? 모른 척하지 마.
私のことを避けてるの?無視しないでよ

リーL

회사에서는 서로 모른 척하자.
会社ではお互いは他人のふりをしよう

「知らないふり」という文面通りの意味で使うこともあれば、「知らんぷり、無視する」という意味にもなります。

医者-L

피부 문제 모른 척하지 마세요.
肌トラブル、そのままにしないで

使い方によっては、「見て見ぬふりをする、問題を先送りにする」というようなニュアンスになる時もあります。

肌トラブル・・・おかしいと感じたら、早めに皮膚科に行きましょう。

Ads

その他の「~ぶる、~のふり」

知ったかぶり、えらそう

「~ぶる、~のふり」でよく使いそうなものも、合わせて紹介したいと思います。

ビッグボス-R

뭐든지 아는 척하는 그의 태도가 역겨워.
何でも知ってるといわんばかりの態度が癇にさわるね

※역겹다=気に障る、癪にさわる

아는 척は「知ってるふり、わかったふり」という意味ですが、知ったかぶりというニュアンスでも使います。

鬼軍曹-R

잘난 척, 아는 척, 있는 척, 내가 딱 싫어하는 성격이네.
気取ってて、知ったかで、自分をよく見せたいのか、俺が一番嫌いな性格だね

잘나다は「外見がいい、賢い」といった意味がありますが、これを反対のニュアンスとして使うこともあります。

外見や能力が優れていても、それを鼻にかける人、自慢するような人を想像してみましょう。

「偉そう」よりもたちの悪い、「傲慢で嫌な性格」がイメージできると思います。

自分をよく見せたい人

있는 척하다있다は、社会的地位お金、あるいは教養など、様々なものを持ちあわせている、兼ね備えていることを意味します。

つまり있는 척하다は、ステータスが高いふりをしている、気取っているというニュアンスです。

江南でコーヒーを持って歩く人を見かけたら、있어 보이려고 하는지(自分をよく見せたいのか)なのか、그냥 커피를 좋아하는지(単にコーヒーが好きなのか)、観察してみましょう。

ちなみに反対の意味で、없어 보이다없는 사람もあります。

ぶりっこする、猫をかぶる

귀엽다(かわいい)と一緒に使えば、귀여운 척하다(かわいいふり)となります。

要はぶりっこですね。

男子1-L

귀여운 척하는 거 너한테 안 어울려.
かわい子ぶるは似合わないぞ

女子1-L

난 그냥 얘기하고 있었을 뿐인데
私は普通に話していただけなのに
다들 내가 귀여운 척한다고 하더라고.
みんな私がぶりっ子だって

ぶりっ子は「女性らしさをアピールする方法」の一つなので、男性によって受け止め方は様々ですが、わざとらしい感が強く、嫌う人は多いと思います。

他には「내숭」という言葉も、ぶりっ子のような意味で使います。

兵士-L

착하고 내숭없는 사람을 만나고 싶어요.
優しくて裏表がない人がいいです

내숭とは、表向きは大人しくしている、表面上は穏やかに振る舞っている態度のことです。

つまり「腹黒い、表裏がある」というニュアンスで、「猫をかぶる」という意味にもなります。

言動に裏表が出るので、착한 척하는 사람(いい子ぶってる人)や、ぶりっ子も含まれます。

ある意味では、귀여운 척하다よりも내숭을 떨다の方が、タチが悪いでしょう。

本音と建て前

~척하다(~なふり、~ぶる)は、いろんな表現ができる文法です。

열심히 하는 척:一生懸命なふり
못 하는 척:できないふり
외국인인 척:外国人のふり
학생이 아닌 척:学生でないふり
쁜 척:忙しいふり

いろいろ組み合わせて使ってみましょう。

ところで、どんな人にも「本音と建て前」はあるので、相手によって態度が変わるのは、おかしいことではありません。
(裏表が激しすぎるのもどうかとは思いますが・・・)

韓国人にだって、本音と建て前(겉과 속이 다르다)はあります。

ただ、性格の問題で直接的に文句を言う人は多いかもしれません。