韓国語を勉強する時、最初に習うのが「自己紹介」の表現です。

よろしくお願いしますという意味で、「잘 부탁해요」や「잘 부탁합니다」といった言葉が本に出てきます。

ところが実際には、こういった表現を使わないことは多いです。

そこで、今回は「自己紹介の矛盾」についてです。

Ads

教科書どおりの自己紹介や模範的な挨拶

私は○○といいます

自己紹介の表現は短いので、そのまま丸暗記している人がほとんどだと思いますが、実は難しい文法が使われていたりします。

김대호-L

안녕하세요.
こんにちは
전 김대호라고 해요.
私はキム・テホといいます

박기영-L

안녕하십니까.
こんにちは
전 박기영이라고 합니다.
私はパク・キヨンといいます

こんな感じの文が教科書に出てくると思いますが、中身は名詞と間接話法を組み合わせた「-라고 하다」です。

はじめまして、よろしくおねがいします

こちらもオーソドックスな自己紹介の表現です。

한상우-R

처음 뵙겠습니다.
はじめまして

정현주-R

만나서 반갑습니다.
お会いできてうれしいです
잘 부탁합니다.
よろしくおねがいします

처음 뵙겠습니다:はじめまして
만나서 반갑습니다:お会いできてうれしいです
잘 부탁합니다:よろしくお願いします

教科書には、このように出てくると思います。

お会いできて光栄です

「お会いできてうれしいです」よりも、さらに尊敬の意を伝えたい時はこれです。

김철수-R

만나서 영광입니다.
お会いできて光栄です

김지성-L

저도 영광스럽습니다.
私もです

有名人や、憧れの人に会って「感激です」と言いたい時に使ってもいい表現です。

「光栄」の漢字をそのままハングルにすれば광영ですが、逆にして使うので気を付けましょう。

ここまでが、教科書通りの模範的な挨拶の表現です。

Ads

本の通りに自己紹介する人は少ない

私は○○です、俺は△△だ

実際には、教科書に出てくる表現の一部が用いられていなかったり、簡単な表現を使ったりというケースが多くなります。

김지성-L

안녕하세요. 김지성입니다.
こんにちは、キム・ジソンです

황수지-R

저는 황수지예요.
私はファン・スジです

普通に自己紹介する場合なら、こんな感じになります。

いちいち間接話法を使ったりはせず、シンプルに「私は~です」と表現します。

兵士-L

안녕, 난 〇〇.
よお、俺は〇〇

兵士-R

난 △△.
俺は△△だ

同級生など、お互いに気を使う必要がない間であれば、ため口(パンマル)での会話になるので、非常にフランクです。

「はじめまして」や「よろしく」はどうなる?

「はじめまして」や「よろしく」は、すべて「반갑다」で表現してしまうことが多いです。

김선아-L

반갑습니다.
はじめまして
김선아입니다.

キム・ソナといいます

최지현-R

최지현이에요.
チェ・ジヒョンです
반가워요.
よろしくお願いします

はじめましてが「처음 뵙겠습니다」になっていないし、よろしくも「잘 부탁해요」ではありません。

それだけ「반갑다」のニュアンスが広いことがわかると思います。

日本人同士でも、よほどの相手でもない限り、自己紹介で「お会いできてうれしいデス」と言うことは、ないのではないでしょうか。

教科書通りに表現する時はあるの?

教科書のような「模範的な自己紹介」をした方がいい場合もあります。

それは「はじめまして」です。

한상우-R

처음 뵙겠습니다.
初めてお目にかかります
현주씨 남자친구입니다.
ヒョンジュさんとお付き合いしています
한상우입니다.
ハン・サンウです

付き合っている相手の両親と初めて会うといった時は、教科書通りの挨拶の方がいいでしょう。

最初に好印象を与えられれば、その後もいい関係が保てるのではないかと思います。

Ads

よろしくを「잘 부탁해요」とあまり言わないのはなぜ?

「부탁」と「よろしく」のニュアンス

よろしくを「잘 부탁해요」と言わないことが多いのは、「よろしく」の意味が違うからです。

よろしく 부탁
①命令
②お願い
③適切に、うまく
①命令
②お願い

「よろしく」や「부탁」には、このようなニュアンスがあります。

命令としての意味

「よろしく」と言いつつも、中身は「やれ」という①命令です。

김지성-L

이거 획인 좀 부탁해.
これ、確認よろしく

「確認よろしく」と言いつつも、確認しなさいという指示を出していることがわかると思います。

「よろしく」や「부탁」を命令として用いてるので、自己紹介ではありません。

お願いの意味

「よろしく」が、②お願いの意味になる場合です。

김영주-R

우리 딸 잘 좀 부탁해요.
娘をよろしくね(娘をお願いね)

박석중-R

앞으로도 잘 부탁드릴게요.
今後もよろしくお願いしますよ

娘をよろしく:娘を「幸せにしてね」というお願い
今後もよろしくお願いします
:今後も「どうぞごひいき」にというお願い

「お願い」のニュアンスで話をしていますが、自己紹介もこのパターンになります。

自己紹介の「よろしく」は、お見知りおきを(顔と名前を覚えてください)というお願いです。

だからこそ、基本通りの表現として「잘 부탁해요」が、教科書に出てくることになります。

「命令やお願い」をしているわけじゃない

実際に「よろしく」と言いつつも、教科書通りの表現にならないのは、③適切に・うまくのニュアンスだからです。

김철수-R

난 김철수, 반갑다.
俺はキム・チョルス、よろしく

박기영-L

난 박기영, 반갑다.
ああ、よろしく

ここでは「顔と名前を覚えてくれ」という意味ではなく、「お互いうまくやろう、仲良くしましょう」という話をしているだけです。

命令やお願いをしているわけではないので、「부탁」を使わないわけです。

さいごに

自己紹介だけではないですが、より自然な表現は大事です。

日ごろから辞書頼みの直訳ではなく、「その場に合った表現は何か」を意識するよう心がけましょう。