食堂で注文する際に「人数や量」に対して、どのように言えばいいか困ったことはないでしょうか。

最低限覚えておきたい人数や量に合わせた注文方法がわかっていれば、オーダーがずっと楽になります。

そこで今回は、お店で使えるちょっとした表現などを紹介していきます。

注文に使える基本表現

~人前・人数分での注文

教科書にも出てくる「人数単位の注文」は、基本中の基本です。

삼겹살 삼인분 주세요.
サムギョプサルを3人前ください

人数に合わせて注文する時は、シンプルに「~人分」と言えばOKです!

1=일、2=이、3=삼、4=사といった算用数字と~인분(~人分)を組み合わせるだけなので、数字さえ覚えてしまえば簡単です。

個数・皿の数でも注文できる

人数だけでなく「個数での注文」も覚えておきましょう。

돼지갈비 두 개요.
デジカルビ2つ

個数で注文する場合は「1つ=1皿」ですが、基本的には「1皿=1人分」となります。

「1皿=2人分」の場合がなくもないですが、その場合はメニューを確認しましょう。

うっかり大量に頼みすぎなければ、問題ありません。

「これとあれ」複数のメニューを注文するなら

〇〇と△△をくださいのように、複数のメニューを注文する方法も覚えてしまいましょう。

파전이랑 막걸리를 주세요.
パジョンとマッコリをください

「〇〇と△△」のような言い方には、話し言葉の「랑」がよく使われます。

와/과や히고でもいいですが、와/과は文語に使われることが多いです。

하고は会話でも文章でもどちらに使ってもOKです。

「〇〇一つ」メニューを一つだけ注文する

日本語でも「〇〇一つ」というような注文の仕方をしますが、韓国語ではどういうのか知っておきましょう。

계란찜 하나요.
ケランチム一つ

〇〇一つは「〇〇 하나요」のように言えばOKです。

2つなら「△△ 두 개요」となります。

したがって3つなら、どう言えばえばいいかわかりますね。

量に合わせて注文方法を変える

「大盛り」での注文は곱빼기

冷麺や칼국수(カス)といった麺類は「大盛り」での注文も可能なメニューの代表です。

냉면을 곱빼기로 해 주세요.
冷麺を大盛りにしてください

大盛りは곱빼기と言いましょう。

많이 주세요でもいいですが、それだと「ちょっと多めにサービスしてくれ」というニュアンスになります。

大盛りは2人分、2杯分に相当

お大盛りは+1000~2000ウォンくらいですが、出てくる量は2人前くらいになります。

したがって、通常のメニューを2つ食べれるくらいの胃袋が必要です。

安易に大盛りを頼むと大変なことになるので気をつけましょう。

もし冷麺を大盛りで注文した場合、写真の量を2つ平らげることになります

「大・中・小」などで注文したい時

 

人数に合わせて量を選べるように、「大・中・小」で分けられたメニューもたくさんあります。

대짜:大
중짜:中
소짜:小

サイズ分けは、このように表現します。

뭘 드릴까요?
何にしますか?
김치찌개 중짜요.
キムチチゲを「中」で

「大」で注文したいなら、대짜로 해주세요と言えばOKということです。

「半分づつ」などで注文する

チキンとビールは「치맥」といって、韓国では定番ですが、メニューは1種類に鶏まるごと1匹くらいの量が基準です。

そのため同じものをたくさん食べるよりも、これとあれをちょっとづつ食べたいと思うこともあると思います。

そんな時は、食べたいメニューを2種類選んで「半分ずつのの量」で頼みましょう。

흐라이드치킨이랑 양념치킨 반반으로 해주세요.
フライドチキンとスパイスチキンを半々にしてください

表現もそのまま、반반(半々)です。

반반으로 해주세요(半々にしてください)と言うだけなので、チキンのお店ではおすすめの表現です。

もちろん、お会計もメニューに合わせて計算してくれます。

お店で使えるその他の表現

メニューの略語で注文してみる

メニューには「略語」が結構あります。

冷麺に略語がある?

・水冷麺 
물냉면 → 물냉

・ビビン冷麺 
비빔냉면 → 비냉

冷麺であればこんな感じですが、こうした言葉も知っておいて損はありません。

물냉 하나 곱빼기로요.
冷麺一つ大盛りで!

機会がある人は略語を使って注文してみるのもいいのではないでしょうか。

店員を呼ぶ時の「すいません」

教科書に出てくる、店員の呼び方といえば「여기요」です。

여기요.
すいません
네.
はい
주문할게요.
注文お願いします

여기요はもともと、여기를 보세요の略で「注文するからこっち見てくれよ」というニュアンスです。

それが「こっち!」というような感じで短くなっていき、여기요で定着しました。

店員の呼び方にもいろいろある

여기요で何も問題はないのですが、店員を呼ぶ時の表現は他にもあります。

이모님.
おばちゃん
사장님.
店長/社長

이모はおばちゃんに親しみを込めた呼び方で、사장님(社長)は店長(もしくは店長らしき人)に対して使います。

他にも、女性客がおばちゃんに対して「언니」と呼ぶこともあります。

特に屋台では使い勝手のいい呼び方なので、이모や사장님もたまに使ってみましょう。

まとめ

1.~人前
~인분

2.〇〇と△△
〇〇랑/이랑 △△

3.大盛り
곱빼기(로)

4.大中小
대짜:大
중짜:中
소짜:小

5.半々で注文
반반(으로)

6.店員を呼ぶ「すいません」
여기요
언니
이모
사장님

食堂での注文の仕方はカフェなどでも応用ができるので、ぜひ覚えてください。