「データを使い切ってしまった」
「wi-fiがつながらない」

こんな時でも、スマートフォンで地図を見たい時はあると思います。

それが「海外旅行」となれば、なおさらですね。

そこで、wi-fiが使えない、通信状態が良くない場所でも使える地図アプリ「オフライン地図」を紹介したいと思います。

Ads

MAPS.MEは無難に使えるオフライン地図

MAPS.ME

評価:
価格:無料
開発:My.com B.V.

地図データのダウンロード

通常、地図アプリはインターネットにアクセスして、地図データを表示します。

一方、オフライン地図アプリは、あらかじめ見たい地域のデータを端末に入れておくことで、地図を表示させます。

まずは、地図データをダウンロードしましょう。

MAPS.MEを立ち上げ、地図を表示させます。

ここから、画面を拡大(ズームイン)していきましょう。

※東京のオフライン地図を使いたいと仮定します

すると「地図情報をダウンロードするか」を聞かれます。

詳細な地図を見るためには、地図情報が必要なので、ダウンロードしましょう。

地図情報をダウンロードするには、インターネットにつながっている必要があります。

東京の地図データをダウンロードしました。

他のエリアがグレーになっているのは、地図情報をダウンロードしていないからです。

他の地域を見たい場合は、その地図情報もスマホに取り込みましょう。

取り込んだ地図を表示させるので、フライトモードや電波が入らないところでも、ちゃんと画面に出てきます。

ちなみに、現在位置を表示させたい時は「GPSの設定」をオンにしましょう。

ソウルの地図を見る

地図データをダウンロードする方法はもう一つあります。

画面右下のメニューボタンからでも、地図データのダウンロードが可能です。

メニューを呼び出したら、「マップをダウンロード」をタップ。

「ソウル」と打ち込み、韓国の地図情報をスマホに取り込みます。

地図データを取り込むと、画面をズームインさせても、詳細な地図出てくるのがわかります。

ソウルの地図も問題なく表示されました。

千須は、国や地域によっては、現地の言葉や英語での表示になります。

しかしオフラインで使えて、ある程度の日本語表示にも対応しているので、インストールしておいて損はないと思います。

海外旅行に行く人は「MAPS.ME」で、あらかじめ現地の地図情報を入手しておきましょう。

Ads

Googleマップは対応エリアが鍵

Googleマップ – ナビ、乗換案内

評価:
価格:無料
開発:Google Inc.

地図データはどこでもダウンロードできるわけではない

「Googleマップ」のオフライン地図機能も、使い方は同じです。

必要な地域の地図情報をダウンロードして、表示させることになります。

地図を起動させたら、任意の場所で画面を長押しするなどして、「赤いピン」を表示させます。

ピンが出てくれば、方法はなんでも構いません。

ピンをタップすると、3つの点が縦に並ぶメニューボタンが出てきます。

メニューボタンはどこでも出てくるというわけではなく、ある程度大きな都市などになります。

メニューをタップすると「オフラインエリアをダウンロード」と表示されます。

これが表示されなかった場合、オフライン地図には対応していない地域ということになります。

地図情報をダウンロードする範囲を設定します。

ズームイン・アウトで、範囲を決めたら「ダウンロード」をタップしましょう。

ダウンロードは、ネットにアクセスできる環境で行います。

オフラインマップを使う

オフライン地図を起動させるためには、メニューを呼び出しましょう。

検索窓の左側にあるボタンをタップします。

メニューを呼びだしたら、「オフラインマップ」を選択します。

ダウンロードした地図情報のリストが一覧で表示されるので、呼び出したいエリアを選択しましょう。

ところで、保存されている地図情報には、データの「保存期間」があります。

放っておいたままにすると、せっかく保存した地図情報が消えてしまうので注意が必要です。

オフラインマップを1度しか使わないのなら構いませんが、消したくない場合は、定期的に更新しましょう。

地図が日本語でも表示されるのは、外国語ができない人にもうれしい点です。

ただし、先ほども言ったように、オフラインマップはどこでも使えるというわけではありません。

オフラインマップの対応エリアでない場合、地図データをダウンロードすることはできません。

オフライン地図が使える地域は限られるので、気を付けておきたいところです。

Ads

ネイバー地図のオフライン機能がなくなった?

ネイバー地図 – Naver Map

評価:
価格:無料
開発:NAVER Corp.

地図情報のダウンロードができない

Naverの地図アプリにも、オフラインマップの機能が付いていました。

ところが、アプリのアップデートにより「オフライン地図の機能」が削除されたようです。

以前なら、メニューボタンをタップすると「ダウンロード」という項目が出てきました。

ところが、アップデートの後では、この項目がなくなっています。
※2018年3月14以降

日本語表示が可能になった

その代わり、新たな機能も追加されています。

特に「外国語表示」にも対応するようになったのは、大きな変更点です。

もともと韓国語のみの表示でしたが、日本語でも使えるようになったことによって、旅行者にも使いやすくなったと思います。

Naver地図で表示可能な言語

韓国語
英語
日本語
中国語

使用可能な言語は4つで、スマホ本体の表示言語に合わせて、自動で設定が切り替わるようになっています。

韓国に行く(住む)人は、インストールしておきましょう。

まとめ

使いやすさは「グーグルマップ」が一番かもしれませんが、オフライン地図の対応エリアが限定されています。

オフライン地図を使うのなら「MAPS.ME」がいいでしょう。

また、ポケットwi-fiをレンタルするのであれば、オフライン地図は必要ないし、その場合は「ネイバー地図」がいいと思います。

いずれにせよ、状況に合わせて使い分けてください。