「行ってきます」
「ただいま」
「おかえり」

出かける時や帰宅した際によく使う「挨拶の表現」をまとめてみました。

定型に近いフレーズもありますが、ぜひ覚えてコミュニケーション力をアップさせましょう。

Ads

韓国語で「行ってきます」

ちょっとコンビニに行く時は갔다오다

行ってきますは、「行く」と「来る」の2つを含む言葉です。

文字通り「가다」と「오다」を組み合わせた、갔다오다を使います。

おじさん-R

사무실에 갔다오겠습니다.
事務所に行ってきます

アジュンマ-R

슈퍼 좀 갔다올게.
ちょっとスーパーまで行ってくる

갔다오다を使う時は、「その場限り、一度きり」の意味合いが強くなります。

yuna-L

나 편의점에 갔다올게요.
コンビニに行ってくるよ

「ちょっとその辺まで」と言いたい時にはピッタリの言葉です。

学校や会社に行く時は다녀오다

「行ってきます」の意味でよく使われる、もう一つの言葉が、다녀오다です。

男子1-R

회사 다녀오겠습니다.
会社に行ってきます

女子1-R

학원 다녀올게요.
塾に行ってきます

다녀오다は、もとの「다니다」の通り、定期的に何度も足を運ぶことを意味します。

学校や会社にいく時に다녀오다を使うのも、毎日通って勉強や仕事をするからですね。

アジュンマ-L

슈퍼 좀 다녀올게.
ちょっとスーパーまで行ってくる

また、普段利用している近所のスーパーに、「いつものように」買い出しに行く場合などにも、다녀오다を使うことがあります。

Ads

韓国語の「行ってらっしゃい」

無事に行って来なさい

「行ってきます」に使える語彙と同じく、「行ってらっしゃい」に使える表現もまた2つあります。

女子3-L

미진아, 유치원 잘 갔다와.
ミジン、(幼稚園)行ってらっしゃい

おじさん-L

학교 잘 갔다와요.
(学校)気を付けて行きなさい

갔다오다(行ってくる)を、잘 갔다와요などにすることで、事故等もなく「無事に行ってこい」というニュアンスになります。

医者-R

잘 갔다오세요.
グアム、楽しんできてね

旅行などレジャー目的であれば、「楽しんで来い」といった意味で使うこともあります。

トラブルのないことが、楽しむことにつながるからです。

目的を果たして来い、しっかりやって来い

「行ってきます」の表現として、다녀오다(行ってくる)を、잘 다녀와などにして使う場合です。

女子2-L

회사 잘 다녀와요.
(会社)行ってらっしゃい

女子4-L

출장 잘 다녀오세요.
(出張)行ってらっしゃい

잘 갔다와が「無事に行ってこい」なら、잘 다녀와は「しっかりやってこい」といったニュアンス。

다니다には「ある目的、用事のために行き来する」という意味もあるからです。

おじさん-R

군대 잘 다녀와.
(軍隊で)しっかりやってこい

軍隊に行く人に対して声をかけるのであれば、「ケガなく無事に帰ってこい」というのはもちろん、「立派になって帰ってこい」といった願いも含まれることになります。

入隊する俳優などに「잘 다녀와요」と言うのにも、無事に除隊してくること以上に、みんなの期待や激励が込められているわけです。

Ads

韓国語の「ただいま」と「おかえり」

「ただいま」には다녀왔습니다が無難

「ただいま」で、一番使われるのは、다녀왔습니다です。

男子2-R

다녀욌습니다.
ただいま

デブ-R

다녀욌어요.
ただいま

学校や会社あるいは幼稚園など、どこに行ってきたとしても、다녀왔습니다を使えば間違いはありません。

兵士-L

왔어.
ただいま

나 왔어と言えば、「帰って来たぞ!」のような感じですが、「ただいま」として使うこともできます。

「おかえり、おかえりなさい」には定型文がない

韓国語に「おかえり」を意味する定型文はありませんが、パターンはあります。

来たか?来たの?

リーR

다녀왔습니다.
ただいま

女子4-L

왔어요?
おかえり

アジュンマ-L

왔니?
おかえり

女子1-L

오셨어요?
おかえりなさい

「来たんだね?」のような表現を、あいさつ代わりに使うと考えればいいと思います。

「行ってらっしゃい」をそのまま使う

男子1-R

다녀왔습니다.
ただいま

男子2-L

다녀오셨어요?
おかえりなさい

yuna-L

갔다왔어요?
おかえりなさい

「行ってらっしゃい」の文を疑問文にするだけでも、「おかえり」として使えます。

語尾は相手の立場に応じて、敬語などを使い分けましょう。

参考:韓国語の語尾の使い分け

まとめ

「行ってきます」や「行ってらっしゃい」などの表現は、挨拶としての機能はもちろん、そこに含まれる意味合いも大事です。

とは言っても、複雑な文章を作って話すわけではないので、ある程度のパターンを覚えたら、どんどん使っていきましょう。