無料wi-fi

韓国は無料wi-fiが多いって聞いたけど、全然つながらない・ネットができないなんて経験はないでしょうか。

確かに韓国ではそこら中に無料wi-fiが飛んでいますが、実は無料ではありません。

そこで韓国のWi-fi事情や「韓国でスマホを使うための方法」などを解説していきます。

韓国のWi-fi事情はどうなってる?地下鉄のWi-fiなどは実はみんな有料?

ソウルでLINEがつながらない理由とは?

ソウル市内では、街中はもちろんや地下鉄のホームや車内など、いたるところに無線LANが設置されています。

これらのほとんどは「SK、KT、LG-U+」など、韓国の通信会社が設置したもので、実はすべて有料です。

韓国にあるWi-fiの例

・T-wifi-zone(SK)
・ollehWiFi(KT)
・FREE_U+ZONE(LG-U+)

韓国人は韓国の携帯を持っている(毎月の使用料を払っている)ので、これらを使えるにすぎません。

韓国を訪れた外国人がこうしたwi-fiを使おうと思っても、Wi-fiの電波をとらえることはできても、そこからネットにはつながりません。

ソウル市内で無料Wi-fiに接続したのに、LINEやカカオトークが使えないのはこのためです。

カフェにあるWi-fiもタダではない

カフェのwi-fi

韓国でフリーWi-fiが使えるところといえば「カフェ」です。

カフェなどのWi-fiは店が独自に設置しているものが多いです。

ただ接続にはパスワードが必要で、注文したレシートなどに書かれていることが多いです。

つまり「無料Wi-fi」と言いつつも、利用客にならないと(注文しないと)Wi-fiを使えない仕組みになっているので、実質は有料と言えます。

本当に「無料で」使えるWi-fiスポット

韓国にも「本当に無料で使えるWi-fi」はあります。

ソウル市が外国人観光客向けとして、観光地や主要駅周辺に設置しているWi-fiです。

「Public WiFi@seoul」と書かれたIDを見つけたら、接続してみましょう。

使い方は日本のフリーWi-fiと似ていて、アクセスすると「認証画面」に入ります。

画面中央の와이파이 이용하기(wi-fiを利用する)をタップするだけで、Wi-fiが使えるようになります。

ただしWi-fiのエリアから外れてしまえば、使えなくなります。

ソウル市もフリーWi-fiを増やしてきてはいますが、いつでもどこでも利用可能というわけにはいかないので、運よく見つけた時は使ってみましょう。

韓国で不自由なくWi-fiを使うなら有料しかない

外国人旅行者が韓国の無料Wi-fiを利用には限度があります。

LINEや韓国の地図アプリなどを使おうと思ったら、方法は限られてきます。

・Wi-Fiルーターをレンタルする
・Wi-fiの利用券を購入する
・現地で使えるデータ通信用simを使う

留学など長期の滞在であれば、韓国の携帯電話を契約するのが一番です。

そうすれば、気がねなく街中のWi-fiスポットも利用できるようになります。

韓国でスマホを自由に使うためには?

ポケットWi-fiのレンタルが手っ取り早い

手っ取り早いのはポケットWi-Fiをレンタルすることです。

一日当たり500MBから1G程度のデータ通信が可能で、旅行で数日利用する程度であれば、これで十分でしょう。

データ使用量の目安

使用量の目安:500MB/1日
LINE
(無料音声通話)
 20時間
skype
(音声通話)
150分
Youtube
(通常画質)
27分

旅行中にYoutube動画をガンガン見ることがなければ、容量としては十分でしょう。

比較的安くポケットwi-fiをレンタルできるサービスには以下のものがあります。

比較的安くwi-fiをレンタルできるサービス

サービス
レンタル料
(500MB/1日)
680円 690円
1日1G以上のプラン あり
なし
保険
(1日)
300円 200円
予備バッテリ 250円 100円
自宅で受領 500円 無料
空港窓口 新千歳
羽田
成田
関西
中部
福岡
成田
羽田
中部
関西
詳しく見る イモトのWiFi グローバルモバイル

空港で受け取ることができるので、出発前に利用設定をしておけば、現地であわてることもありません。

友達とシェアすれば、利用料も節約できるでしょう。

費用をとことん安く抑えたいならWi-fiの利用券を購入する

韓国のコンビニには「Wi-fiの利用券」も販売されています。

一人の旅行でかつ数日間の滞在であれば、これを購入するのが最も安い方法でしょう。

ただ自分で接続設定を行う必要があるため、そういった操作が苦手な人にはお勧めできません。

また通信エリアが街中や駅の構内などに限られていることも多いので、移動中にスマホを見たりといったことを考えると、デメリットもあるかもしれません。

現地で使えるデータ通信SIMを利用する

現地で使えるデータ通信用のsimを購入するのも一つの方法です。

設定を自分で行う必要はありますが、滞在期間に対してコストを抑えることができる上、通信エリアも比較的広いというメリットがあります。

[プリペイドSIMカード SIM2FLY] 4GB 8日間 データ定額 アジア 14ヶ国利用可能
AIS-SIM2FLY

利用期間が8日間になっているのは、simカードを端末に差し込んだ時点から日数がカウントされるためです。

つまり日本でsimを入れてセッティングをするのに1日、その後海外で7日間利用できるということになります。

[プリペイドSIMカード SIM2FLY] 4GB 15日間 データ定額 アジア ヨーロッパ利用可能
AIS-SIM2FLY

2週間程度の短期留学を考えている人には、15日用のデータsimもあります。

ただし15日にならないうちに4Gのデータ量を使い切ってしまうと、通信速度が低下(通信ができないわけではない)します。

そのためホテルや学校などのwi-fiと併用するか、あるいは8日間用のデータsimを二つ購入して使うのがいいかもしれません。

さいごに

韓国でスマホをお得に使うためには、人数や滞在期間などを考慮して、それに合った方法を選択する必要があります。

安く済ませることも大事ですが、コストを削りすぎて利便性が損なわれるようでは意味がありません。

ちなみにデータ通信用のsimを購入する場合、端末のsimロックが解除されている必要があるので、忘れずに確認しましょう。