旅行で韓国を訪れる人が、必ずと言っていいほど悩むのが携帯電話です。

韓国では、日本と同じようにスマートフォンを使うことが難しくなるからですね。

しかし、そんな悩みを一気に解決してくれるのがポケットWi-fi。

今回はポケットWi-fiの基礎知識から、おすすめのレンタルサービスのを紹介したいと思います。

Ads

ポケットWi-fiとは?

持ち運び可能な小型のルーター

ポケットwi-fiとは、ルーターと呼ばれる無線LANの機器を持ち運びできるように小さくしたものです。

自宅やカフェのWi-fiのように、ルーター本体がケーブルでネットにつながっているわけではありません。

ポケットwi-fi

ポケットWi-fiは、LTEなどの電話回線を通してルーターがネットにアクセスする仕組みになっています。

デザリング専用の携帯電話を別に持ち歩くようなもので、そこから自分のスマホがネットにつながると思えばいいでしょう。

ポケットWi-fiとスマホでは料金プランが違う

ポケットWi-fiは、ルーターが電話回線を使ってネットにアクセスするため、電話回線の使用料が発生します。

これがいわゆる、ポケットWi-fiの「データ通信料」です。

データ使用量

ただし、スマートフォンとポケットWi-Fiでは、料金体系が異なります。

海外旅行などで、スマートフォンで直接データ通信(ローミング)を行えば、高額な通信料が発生してしまいます。

そのため海外でポケットWi-fiを使うことは、データ通信料をおさえる上でも、賢い選択と言えます。

Ads

wi-fiをレンタルする前にやるべきこと

どのくらいデータ通信を利用しているのか把握しておこう

ポケットWi-fiをレンタルする際に大事なことは、普段のデータ使用量がどのくらいかを知っておくことです。

これによって、旅行先で「どのくらいデータを使いそうなのか」を予想することができます。

まずは「自分のデータ使用量」を調べてみましょう。

これがわかれば、ポケットWi-fiのレンタルはもちろん、スマートフォンの料金プランを見直すきっかけにもなります。

自分のデータ使用量を調べる方法

スマホのデータ使用量を調べる方法です。

設定画面を呼び出し、「接続>データ使用量」の順に進みます。

※機種によってもやり方は異なることがあります。また、正確な使用量を知る方法ではないので、あくまで目安としてとらえてください。

データ使用量の詳細が出てきますが、8月のモバイルデータの使用量は147MBであることがわかります。

ただし、これはあくまでデータ通信のみで、Wi-fiによる通信は含まれていません。

そこで、「Wi-Fiデータ使用量」も調べてみましょう。

約1か月間のWi-fiによるデータ通信量は、21GBくらいであることがわかります。

つまり、モバイルデータとWi-fiによる通信を合わせれば、およそ22GBくらいはデータ通信をしている(少々使い過ぎ?)ということになります。

これがわかったら、今度は「韓国で1日にどのくらいのデータを使うか」を予想してみましょう。

韓国で1日に使うデータ通信量は?

22GB ÷ 30日 = 0.73GB

1日あたり0.73GBくらいは、データを使うと予想できる

1日に1GBくらいあれば、余裕をもって使えることがわかります。

こうして「自分の利用状況」を調べれば、スマホの料金プランも、より適切なものが選べるようになるのではないかと思います。

Ads

ポケットwi-fiのレンタルを選ぶ時のポイント

回線速度と対応エリアはどうなってる?

ポケットwi-fiをレンタルする際、まず確認することは対応国回線速度です。

エクスコムグローバルの場合

3G 4G
世界周遊
ヨーロッパ周遊
アジア周遊
香港・マカオ周遊
韓国
台湾
中国
香港

複数国で使えるかわりに速度が遅いものと、1つの国でしか使えない代わりに回線速度が速いものとがあります。

韓国だけでなく、あちこちの国を回りながら旅行するのであれば、複数国対応のWi-fiをレンタルした方がいいですね。

逆に韓国にしか行かないのであれば、速度の速いプランの方が便利でしょう。

使えるデータ量を確認しよう

ポケットWi-fiをレンタルする上で最も重要なのが、使用可能データ量です。

1日にどのくらい使えるかを、しっかりチェックしましょう。

うっかりデータを使い切ってしまったポケットWi-fiは、ただの荷物になってしまします。

グローバルモバイルの場合

使用量の目安:500MB/1日
LINE
(無料音声通話)
 20時間
skype
(音声通話)
150分
Youtube
(通常画質)
27分

大容量プランなら、1日当たり500MBまで使用が可能です。

旅行中にYoutubeをガンガン見ることがなければ、容量としては十分でしょう。

保険やオプションをつけた価格で判断しよう

よく「1日680円で使用可能!」のように表示されているところが多いですが、これらはあくまで、基本料金の部分だけを言っています。

本体を破損したなど、万が一のトラブルに備えて「保険をつけましょう」となれば、1日+200円といったように料金が加算されていきます。

また、オプションで予備バッテリを使えば「さらにプラス100円」といった具合に、実際の料金は1日1000円くらいを見ておくといいでしょう。

Ads

どこのWi-Fiをレンタルすればいい?

グローバルモバイルの「韓国DATA」が無難だけど

エクスコムグローバル グローバルモバイル
レンタル料
(500MB/1日)
680円 690円
1日1G以上のプラン あり なし
保険
(1日)
300円 200円
予備バッテリ 250円 100円
自宅で受領 500円 無料
空港窓口 新千歳
羽田
成田
関西
中部
福岡
成田
関西
中部
各社HP



500MB/1日のプランであれば、無料で自宅受け取りも可能なグローバルモバイルが安くなります。

しかし、データをたくさん使う人にとっては、エクスコムグローバルが安心だと思います。

自分の「使い方」に合わせて、決めていきましょう。

キャンペーンや長期プランをうまく利用しよう

基本使用料だけを見るのではなく、割引キャンペーンなどもうまく活用しましょう。

学生を対象にした「学割」、早めに予約することで料金が安くなる「早割」、○日以上の利用すれば安くなる「○日割」など、いろいろあります。

また、1か月以上wi-fiを使う予定のある人は、長期利用向けのプランを利用するのもおすすめです。

まとめ

ポケットwi-fiのレンタルは、1日500MBの大容量プランが当たり前になっており、その他のサービスで差別化を図るところが増えてきています。

また、各社様々なプランを打ち出しているので、どこがいいのかは個人によっても変わるところです。

サービスが多様化しているので、何が自分に合っているのか、じっくり見ながら選んでみましょう。