旅行で韓国を訪れる人が、必ずと言っていいほど悩むのが携帯電話です。

韓国では、日本と同じようにスマートフォンを使うことが難しくなるからですね。

しかし、そんな悩みを一気に解決してくれるのがポケットwi-fi。

今回はポケットwi-fiの基礎知識から、レンタルサービスの選び方を解説したいと思います。

Ads

ポケットwi-fiとは?

wi-fiルーターの一種である

ポケットwi-fiとは、ルーターと呼ばれる無線LANの機器を持ち運びできるように小さくしたものです。

自宅やカフェのwi-fiと違って、ケーブルでネットにつながっているわけではありませんが、、ルーターを通してネットにアクセスすることができます。

ポケットwi-fi

ポケットwi-fiがネットにアクセスする仕組みは、LTEなどの電話回線を使います。

デザリング専用の携帯電話を別に持ち歩くようなもので、そこから自分のスマホがネットにつながるわけです。

wi-fiってなに?という方は「wi-fiの基本」をお読みください。

ポケットWi-fiとスマホでは料金プランが違う

ポケットwi-fiは、ルーターがスマホのように電話回線を使ってネットにアクセスします。

そのため、ポケットwi-fiにデータ通信料が発生します。

データ使用量

海外で電話回線を使い、スマホで直接データ通信(インターネット)を行うことをローミングといいますが、高額な通信料が発生してしまいます。

そのため、海外ではポケットwi-fiでデータ通信をする方が料金は安く済むのです。

Ads

wi-fiをレンタルする前にやるべきこと

どのくらいデータ通信を利用しているのか把握しておこう

ポケットwi-fiをレンタルする際に大事なことは「どのくらいデータを使いそうなのか」です。

そこで、自分のデータ使用量がどのくらいかを調べてみましょう。

普段、自分がどのくらいデータを使っているのかがわかれば、適切なポケットwi-fiの料金プランを選ぶことができるようになります。

自分のスマホのデータ使用量を調べる方法

スマホのデータ使用量を調べる方法です。

※正確な使用量を知る方法ではないので、あくまで目安としてとらえてください。

データ使用量を調べる方法は、設定画面を呼び出し、「データ使用量」を選択します。

データ通信の使用量をグラフで確認できる画面です。

ここで、一定期間の間にどれだけデータ通信を利用したのかがわかります。

写真のスマホはwi-fiでの使用がほとんどで、使用量はさほど多くない状態となっています。

設定期間は変えられるので、自分が調べたい期間に合わせてみましょう。

旅行などで、地図アプリやナビを集中的に使用した日があれば、1日でどのくらいのデータを使ったのかを調べるのもいいですね。

韓国旅行で、1日にどのくらいのデータを使うかの目安にはなるでしょう。

画面を下にスクロールさせると、使用したデータの内訳も出てきます。

自分が一番利用しているアプリが何かもわかってしまいますね。

こうして利用状況を見ていけば、スマホの料金プランも、より適切なものが選べるようになります。

自宅でネットが使えない、もしくはwi-fiがないという人が、スマートフォンのデータ通信プランを選ぶ時にも重宝するので、参考にしてみてください。

データ使用状況の画面は機種によっても異なり、みんな同じというわけではありません。

自分のスマホがどのようになっているのかは、自分で頑張って調べましょう。

Ads

ポケットwi-fiのレンタルを選ぶ時のポイント

回線速度と対応エリアはどうなってる?

ポケットwi-fiをレンタルする際、最初に確認することは対応国回線速度です。

グローバルデータの例

3G
WiFiプラン A
4G/LTE
WiFiプラン
インド
タイ
フィリピン
マレーシア
中国
台湾
韓国
香港(マカオを除く)
韓国のみ

複数国で使えるかわりに速度が遅いものと、1つの国でしか使えない代わりに回線速度が速いものとがあります。

韓国だけでなく、あちこちの国を回りながら旅行するのであれば、複数国対応のwi-fiをレンタルした方がいいですね。

韓国にしか行かない予定なら、表示の速い「4G/LTEプラン」の方が便利でしょう。

使えるデータ量を確認しよう

ポケットwi-fiをレンタルする上で最も重要なのが、使用可能データ量です。

1日にどのくらい使えるかを、しっかりチェックしましょう。

データを使い切ってしまったポケットwi-fiは、ただの荷物に成り下がります。

グローバルモバイルの例

高速 4G LTEプラン:500MB/1日
LINE
(無料音声通話)
 20時間
skype
(音声通話)
150分
Youtube
(通常画質)
27分

大容量プランなら、1日当たり500MBまで使用が可能です。

旅行中にYoutubeさえ見なければ、容量としては十分すぎるような印象です。

一日のデータ使用量が想像できない人は

実際にはツイッターやフェイスブック、ラインや地図アプリ、さらにはYoutubeなど、人により使い方は様々で、メール○○回分とか言われてもピンとこないし、あてになりません。

そこで、自分のスマホのデータ通信のプランからデータ使用量を想定してみましょう。

例えば、LTEだけで1か月に3Gくらいのデータを使う人なら、10日で1G、1日に100MB使っている計算になります。

つまり500MB/1日のプランであれば、「1日に5日分のデータ量を使える、普段の5倍のデータが使える」と考えれば、イメージしやすくなるでしょう。

保険やオプションをつけた価格で判断しよう

よく「1日680円で使用可能!」のように表示されているところが多いですが、これらはあくまで基本料金の部分だけを言っています。

本体を破損したなど、万が一のトラブルに備えて「保険をつけましょう」となれば、1日+200円といったように料金が加算されていきます。

さらにオプションで予備バッテリを使うと、プラス100円といった具合に、実際の料金は1日1000円くらいにはなってしまいます。

とりあえずは、表示されている価格では使えないと思っておきましょう。

利用規約を見逃すな!

1日にどのくらいのデータを使えるのか?だけではなく、「使い切るとどうなるのか?」も重要です。

グローバルモバイルの場合は、1日のデータ量を使い切ると、その日の通信がストップします。

1日のデータを使い切った場合、回線が一時停止するのか、使った分だけ超過料金が発生するのか、利用規約に小さく書かれていることが多いので、申し込み前には必ずチェックしましょう。

どこのwi-fiをレンタルすればいい?

基本料金を比べるとグローバルモバイルの韓国DATAがおすすめ

グローバルデータ グローバルモバイル グローバルWi-Fi
通信量
(1日)
500MB 500MB 500MB
レンタル料
(1日)
680円 690円 970円
保険
(1日)
300円 200円 200円
予備バッテリ 250円 100円 200円
自宅で受領 500円 無料 500円
空港窓口 成田
羽田
関西
中部
福岡
成田
関西
中部
成田
羽田
関西
中部
他11か所
各社HP





500MB/1日のプランで比較したとき、トータルの安さで言えば、無料で自宅受け取りも可能なグローバルモバイルの韓国DATAが一歩リードです。

あれこれ考えるのが面倒な人は、グローバルモバイルが無難でしょう。

キャンペーンや長期プランをうまく利用しよう

基本使用料だけを見るのではなく、各社が行っている割引キャンペーンなどもうまく活用しましょう。

学生を対象にした「学割」、早めに予約することで料金が安くなる「早割」、○日以上の利用すれば安くなる「○日割」など、いろいろあります。

また、1か月以上wi-fiを使う予定のある人は、長期利用向けのプランを利用するのもおすすめです。

まとめ

ポケットwi-fiのレンタルは500MBの大容量プランが当たり前になりつつあり、その他のサービスで差別化を図るところが増えてきています。

各社様々なプランを打ち出しているので、どこがいいのかは個人によっても変わるところです。

サービスが多様化しているので、何が自分に合っているのか、じっくり見ながら選んでみましょう。