疲れた

-겠を使って「可能性や能力」などを表現するパターンを紹介していきます。

予定や推測の表現と比べると、使う機会はやや低いかもしれません。

しかし実際にこういう言い方もするので、表現力アップのために練習してみましょう。

可能性について話す時

可能性がない、極端に低いことを強調する

ここでの-겠は、可能性がゼロ、もしくは限りなく低いことを意味します。

이렇게 징그러운 거 누가 먹겠어요?
こんな気持ち悪いの誰が食べるの?

そのまま訳すれば「誰が食うんだ?」という文です。

しかし質問をしているのではなく「こんな気持ち悪いものは、誰も食べないに決まってる」というニュアンスです。

つまり食べる人はいないだろうという話をしています。

疑問文にして使おう

可能性が低いことを強調する時は、疑問文にしましょう。

오래된 컴퓨터인데 누가 쓰겠어요?
古くなったパソコンなのに誰が使うの?

たとえタダで譲るとしても、古いパソコンであれば、誰も欲しいという人はいないかもしれません。

つまり「誰も使わないだろう」という話になります。

더럽고, 힘들고, 게다가 돈도 못 벌고 그런 일을 누가 하겠어?
汚い、きつい、おまけに給料少ない、そんな仕事誰がやる?

3Kと呼ばれる類の仕事にはこういう話がつきものですが、これも「誰もやらないだろう」というニュアンスです。

「누가 ~겠어?」のようなパターンで、文を作りながら練習してみましょう。

韓国語で「3K労働」をなんて言う?

きつい・汚い・危険、いわゆる3Kを韓国語では「3D」と言います。

difficult:어렵다(難しい、きつい)
dirty:더럽다(汚い)
dangerous:위험하다(危険だ)

英語の頭文字を取って、3K労働は「3D직업」と言います。

英語の頭文字を取るという、ちょっと変わったパターンですね。

能力についての話をするなら

その気になれば「できそうなこと」

能力について話す場合、できそうだ・できるだろうという可能性に近いニュアンスになります。

이 정도는 나도 하겠어.
この程度なら、俺もできるぞ

「その気になれば、このくらいことは俺にもできるぞ」という話です。

しかし実際にはやっていないので、おそらく「できるだろう」という話になります。

いくら頑張っても「できないこと」

先ほどとは逆に「できないだろう」という否定の文もあります。

이걸 나 혼자서 어떻게 하겠어요?
こんなの私一人で無理じゃん

「一人でどうしろと?」という話ですが、言い換えれば「一人ではできないよ」という意味ですね。

仕事の量が多すぎて「自分だけではとても手が回らない状況」を想像してみれば、使う場面がイメージしやすいかと思います。

그건 내가 어찌 알겠나?
そんなこと俺が知るわけないだろ

どうすればわかる? というのは「どう頑張っても知りようがない」というニュアンスです。

つまり「自分には知りようがない」という話です。

まとめ

1.「可能性」の話
疑問文で使うことが多い
可能性が低い話になる

2.「できる・できない」の話
その気になればできそうなこと
どう頑張っても無理なこと

訳しにくい文もありますが、場面や話す人の意図をイメージするのが、理解するための近道です。