推測、憶測

-겠を使った「推測のニュアンス」の文を練習してみましょう。

これは意思表示の文と並んで、使う機会も多い表現です。

また-ㄹ 거예요を使った推測の文との違いも解説していきます。

「-겠」の推測や憶測の文

これからのことを予測したり、予想する

今後のことを予想して話す時に用い、これから起こりそうなことについての話をします。

구름이 많은 걸 보니까 비가 오겠네요.
雲が多いのを見ると、雨が降りそうだね
지금은 여름방학이니까 주말의 해수욕장은 가족들이 많겠네요.
今は夏休みだから週末の海水浴場は家族連れが多そうですね

「この後に雨が降りそうだ
「海水浴場は家族連れがたくさんいそうだ

どちらも推測による話になっていますね。

直接体験していないことを想像して話す

未来のことでなくても自分が知らない部分を想像しながら話す時に、-겠を使うことがあります。

지금 서울이 엄청 춥겠어요.
今ソウルはすごい寒そうです
저렇게 고추가루를 많이 넣으면 진짜 맵겠네요.
あんなに唐辛子をたくさん入れたらすごい辛そうだね

ソウルの気温がマイナス10度という報道を見て「寒そうだ」と感じたり、料理を見て「おいしそうだ」と話をするのはよくあることですね。

しかしソウルにいるわけでも、まだ料理を食べたわけでもありません。

自分は直接体験していないことがポイントです。

予測と言えば天気予報

天気予報の「晴れるでしょう、雪が降るでしょう」といった解説にも、-겠が使われます。

오늘은 전국에서 하늘이 맑겠습니다.
今日は全国で晴れるでしょう
오후부터 중부지방에서는 눈이 내리겠습니다.
午後から中部地方では雪が降るでしょう

天気予報は勘による予想ではなく、科学的データに基づいた「予告」と言えなくもないですが、いずれにせよ今後について予想した話をしています。

時制ごとに推測の話を使い分けよう

過去の結果を推測して話す「~だっただろう」

すでに起こったことを推察しながら話すのが、過去の推量です。

전교일등이 됐다면 그만큼 열심히 공부했겠네요.
全校で一番になるんだから、それだけ一生懸命勉強したんだろうね
새벽에 집을 나갔는데 이미 공항에 도착했겠죠.
早朝に家を出たんだし、もう空港に到着してるでしょう
새벽에 출발했으니까 이제 꼭대기까지 올라갔겠네요.
夜中に出発したから、今頃は頂上まで登っただろうね

要するに「~だっただろう」という話ですね。

ことが起こったであろう時間よりも後に話をしているので、過去形に-겠が付いて-았겠/었겠になります。

現在進行していることを推測する「~しているだろう」

リアルタイムで進行している出来事を推測しながら話す場合です。

自分が現場にいないので、状況をイメージしながら話をします。

지금 쯤 친구들이랑 신나게 놀고 있겠네요.
今頃友達と楽しくやってるんだろうね
태풍이 다가오고 있으니까 제주도에서는 비가 오고 있겠네요.
台風が来てるから済州島では雨が降ってるだろうね

動詞の現在形に-겠をつけても、비가 오겠어요(雨が降りそうです)のような未来を予想する内容になってしまいす。

そのため現在の状況を推測する文にしたいのなら、現在進行形に-겠をつけましょう。

形容詞は「いつの話なのか」を文脈から判断する

形容詞に-겠がついた場合、文脈から「いつの話なのか」を判断する必要があります。

갑자기 못 오게 된 것도 특별한 이유가 있겠지요.
急に来れなくなったのも、特別な理由があるんでしょう
원래 관광객이 많은 곳인데 지금은 사람이 없겠네요.
元々は観光客が多い場所だけど、今は人がいないだろうね

これは形容詞が「状態や属性」を表すからです。

形容詞だけでは具体的なことがわからないので、文全体を見ながら読み取っていく必要があります。

쉬는 날도 없어 가지고 많이 힘들었겠어요.
休み日もなくてすごい大変だったでしょう

ただし形容詞の過去形に-겠が付いた場合、その過去の出来事は完全に終了し、現在とは関わりがないニュアンスになります。

予想や推測の「-겠」を整理すると?

予測や推測の-겠を使ったパターンを表にすると、こんな感じになります。

時制 動詞 形容詞
過去 -았/었+겠
現在 -고 있겠다 -겠
未来 -겠

動詞と形容詞の違いにも注意しつつ練習してみましょう。

「-겠」と「-ㄹ 거예요」の推測はどう違うの?

「-겠」は主観的な判断

推測に基づいた意見や話をする場合でも、-겠と-ㄹ 거예요では使い方が違いますが、主観的な意見や判断には-겠を使います。

새로운 집이라면 방이 깨끗하겠네요.
新しい家なら部屋も綺麗なんでしょうね
회사까지 걸어서 10분에 갈 수 있으니까 여기가 더 가깝겠네요.
会社まで歩いて10分で行けるから、ここがより近そうだね

一般的に「安い、おいしい」といった感覚的なことは人によって基準が違うので、客観的とは言えません。

部屋がきれいかどうかは見る人によって変わるし、場所が近いと感じるかは個人差があります。

「-ㄹ 거예요」は客観的な意見

-ㄹ 거예요は、客観的な判断による話に使われます。

계속 직진하면 남산타워가 보일 거예요.
まっすぐ行けば、南山タワーが見えるはずです
손님이 많이 있으니까 맛집일 거예요. 
お客がたくさんいるから、きっとおいしいお店ですよ

南山タワーがどこにあるかというのは誰が見ても同じだし、お客さんがたくさんいるのは「おいしいお店だから」といったように、みんなが納得できる理由があるはず。

このように客観的な事実や一般的な認識に基づいた話には、-ㄹ 거예요を使うことになります。

身近なもので「~そう」と思えるものを、さっそく韓国語で表現してみましょう。