低姿勢

-겠を使った表現には、言葉にソフトな印象を持たせるといった効果があります。

そのため「お願い」をする時にも使われることがあります。

そんな丁寧な物腰で話す時に用いる「-겠」で、控えめな表現を練習してみましょう。

「-겠」があるかないかで丁寧さが変わる表現がある

意味は同じでも印象が変わる言葉って?

まずは次の言葉を見てください。

양승희-L

저는 잘 모릅니다.
私はよくわかりません

김영주-L

알았습니다.
わかりました

모릅니다は単に「わかりません」と言っているだけですが、알았습니다は「はいはい、わかりましたよ」のような、少し生意気な印象を与えることもある言い方です。

そのため教科書にはまず出てこない言い方です。

やわらかい印象の表現に変える

알았습니다は形だけは丁寧語ですが、実際は相手に好ましくないイメージを与えてしまいます。

そこで言葉に丁寧さを持たせ、やわらかい印象を与えるために、言い方を少し変えます。

김영주-R

겠습니다.
わかりました

先ほどの表現に「-겠」が付いただけですが、これだけで礼儀正しい印象になります。

양승희-R

거거는 전 잘 모르겠어요.
それは私はよくわかりません

こちらも-겠をつければ、さらに丁寧さが向上します。

やわらかい言い方なので「謙譲語」と一緒に使われることも多くなります。

お願いや命令をする

丁寧な言い方は「お願い」には最適

-겠を使った言い方は、物腰がかなりやわらかくなるのが特徴なので、何かをお願いしたい時には、うってつけの言い方です。

도착하시면 연락 주시겠어요?
到着したらご連絡いただけますか?
성함과 연락처를 적어 주시겠어요.
お名前と連作先を書いていただけますか?
물을 두 잔만 주시겠어요?
水を2杯いただけますか?
이 글을 한 번 읽어 보시겠어요?
この文を一度読んでみていただけますか?

연락 주세요でも十分ではありますが、-겠を使うことで腰の低い印象になります。

「命令」も言い方はやわらかく

命令や指示も少し遠回しな言い方をすれば、やんわり伝えることができます。

모레까지 연락 주시면 감사하겠습니다.
明後日までにご連絡いただけると幸いです
휴대폰 소리를 낮추시면 감사하겠습니다.
携帯の音を下げてもらえるとありがたいのですが

中身は「音量さげろよ」という話でも、ストレートな言い方をしていません。

「ありがたいのですが・・・」と、遠回しに命令をしていることがわかると思います。

間接的な意思表示や比喩にも使う

遠回しにアピールする

ソフトなもの言いは、間接的に自分の考えを伝えることもできます。

요새 바빠서 못 살겠어요.
近頃忙しくて大変ですよ

本当に生きてけないというのではなく、忙しくて余裕がないという意味です。

코 고는 소리 때문에 못 자겠어요.
いびきがうるさくて眠れないよ

本当に眠れないかどうかは別として、いびきの音がひどいことを訴えています。

더워서 죽겠어요.
暑くて死にそうですよ

これも本当に死ぬわけではなく、暑さがひどいことをアピールしています。

ただ最近は熱中症で亡くなる人もいるので、ちょっとリアルな表現ですね。

文面通りの意味にはならない

遠回しな表現は、ある種の比喩になるとも言えます。

이것들이 진짜 미치겠네.
こいつら、ふざけやがって

本当に気が狂ったわけではなく、気が狂いそうなほど頭にきている、イライラさせられるというニュアンスです。

이 바지에 세 사람이나 들어가겠어.
このズボン3人は入りそうだ

3人も入るズボンなんて普通にはあり得ないので、それだけ「大きいサイズだ」という意味ですね。

いずれも「程度がひどいこと」をアピールしていますが、-ㄹ 것 같다でも似たような表現はできます。

まとめ

1.やわらかい言い回しにする

2.低姿勢でお願いや命令をする

3.遠回しに訴える

遠回しな言い方も、少しづつ会話に取り入れていきましょう。