틀리다と잘못하다。

どちらも「間違える、誤る」といった意味で使う言葉です。

これらを使い分ける時、どこに注意すればよいか、2つのニュアンスの違いを中心に韓国語の「間違う」を解説していきます。

Ads

「間違う」は틀리다

正解や理想と異なる状態

あるべき状態や理想に対して、「異なる結果」を作り出してしまったことを意味します。

女子4-L

영어로 얘기할 때 가끔 발음을 틀려요.
英語で話す時、時々発音を間違えるんです

女子1-L

아는 문제를 틀렸어요.
わかってる問題を間違えたよ

アジュンマ-L

뭐가 틀린 겁니까?
何がおかしいって言うんですか?

「正解となるべきもの」があって初めて使える表現です。

名詞で使う時は틀림

「間違い」という名詞で使う時は、틀림となります。

兵士-R

틀림이 없이 그 사람이 범인이야
間違いなくあの人が犯人だ

リーR

저거는 곰이(맷돼지가) 틀림없어.
あれは熊で(イノシシで)間違いない

틀림이 없다で「間違いなく、絶対」というニュアンスです。

よく使う表現なので、覚えておきましょう。

次の( )に入る言葉は何でしょう?

鬼軍曹-L

비밀번호가 ××××로 (  )?
パスワードが××××で間違いないか?

틀리다以外の言葉を使って、文を完成させてください。

※答えは最後にあります

「ややこしい」の場合は헷갈리다

「ややこしい」という意味での、間違えるには헷갈리다を使います。

yuna-L

강수량과 강우량이 헷갈려요.
降水量と降雨量を間違えるよ

デブ-L

‘늦다’가 동사인지 형용사인지 자꾸 헷갈려요.
「늦다」が動詞か形容詞かよく間違えるよ

헷갈리다は、「区別がつかない」ことを意味します。

뭐가 다른지(何が違うのか)わからないので、どれが正解か当てはめることができないわけです。

参考:韓国語の「違う」は?

Ads

「誤る、しくじる」は잘못하다

やるべきことをやっていない時

「誤る、しくじる」に相当する言葉が、잘못하다です。

「잘 못하다」のように分かち書きをするのではなく、「잘못하다」とくっつけるのがポイントです。

女子3-R

계산을 잘못해서 숫자가 다 틀려요.
計算を間違えて、数字が全部が違うよ

兵士-R

핸들 조작을 잘못해서 사고가 난 것으로 보입니다.
ハンドル操作を誤り、事故が起こったと見えます

おじさん-R

잘못하면 일이 더 커질 수도 있어요.
下手すれば、騒ぎがもっと大きくなるかもしれないね

・ハンドル操作を間違えたため事故につながった
・対応を誤ったため、事態が大きくなった

「すべきこと」をやらなかったことで、正解や理想(例なら安全運転や騒ぎがおさまること)にたどり着けなかったニュアンスです。

내가 잘못했어요(俺が悪かったよ)と謝るのも同じで、自分の非を認めることになります。

ミスや失敗を意味することも

よくない結果になった「原因」を表すため、「○○のせい」のような使い方をすることもあります。

リーL

니가 잘못한 거 아니잖아요.
お前が悪いわけじゃないじゃん

男子2-L

죄송합니다. 제 잘못입니다.
すいません。私の責任です

女子2-L

그건 내 잘못이 아닐텐데.
それは私のせいじゃないと思うけど

잘못なら「過ちや失敗、落ち度」といった意味の名詞になります。

したがって、잘못을 가리다と言えば、「誰のせいか、誰が悪いのかを問う」といったニュアンスです。

잘 못하다と잘못하다の違い

分かち書きをするかしないか、これだけで大きく意味が変わります。

女子2-R

요리를 잘 못해요.
料理は上手じゃないよ

男子1-L

운전를 잘못했어요.
運転を誤ったよ

잘 못하다:うまくできない、下手
잘못하다:間違える、誤る

잘 못하다と잘못하다は、発音の仕方も違います。

못하다:잘の音が高め
하다:못の音が高め

聞き取りの時は、それぞれの「音の高さ」にも注目してみましょう。

Ads

~し間違える、~し誤る(잘못하다の応用)

잘못の後に他の言葉を入れる

잘못하다の応用です。

잘못の後に他の言葉を入れることで、「~し間違える」という意味になります。

おじさん-R

엘리베이터 버튼을 잘못누른 거 같아요.
エレベーターのボタンを押し間違えたようです

デブ-R

택배가 잘못와서 교환을 시켰어요.
荷物が間違えて届いたから、交換をお願いしたよ

ビッグボス-R

악셀과 브레이크를 잘못밟은 것 같습니다.
アクセルとブレーキを踏み間違えたようです

잘못~は「動作の間違い」を表すのが特徴です。

열차를 잘못탔다:電車を乗り間違えた
얘기를 잘못들었다:話を聞き間違えた
전화를 잘못걸렀다:電話をかけ間違えた
사람을 잘못봤다:(人を)見間違えた

したがって、このようなミスを表現する時にも使えます。

言い訳にもよく使う?

「잘못~」の、틀리다にない使い方が「言い訳」です。

女子1-L

답을 잘못써서 그렇지 몰랐던 거 아냐.
答えを書き間違えただけで、知らなかったわけじゃないよ

「実力はあるのに、たまたま間違ってしまった」
「ミスは偶然で、本当はちゃんとできるんだ」

잘 못하다(できない)わけではなく、잘못하다(ミスった)だけで、次は大丈夫、問題ない。

このような弁明にも使われることもあります。

食あたりは잘못먹다

잘못먹다など、「飲み食い」に使う言葉の場合は、文脈によって意味が変わります。

アジュンマ-R

떡을 잘못먹다가 사레들려서 죽는 줄 알았어요.
餅を食べたらむせて死にそうになったよ

※사레가 들리다、사레들다、사레에 걸리다=むせる、気管につまる

「食べ間違える」というような使い方であれば、きちんと飲みこめなくて「むせた、喉につまった」というニュアンスになります。

ところが、これが「~し間違える」という意味にならない場合があります。

デブ-L

굴을 잘못먹어서 식중독에 걸렸어요.
牡蠣を食べて食中毒になったよ

男子2-L

남미에서 유학하던 시절 수돗물을 잘못마셔서 탈이 난 적이 있어요.
南米に留学していた時代、水道水を飲んで下痢になったことがあります

「お腹を壊した」
「下痢になった」
「ノロウィルスにやられた」

何か変なものを食べた、飲食物が原因で体調を崩したなど、いわゆる「食あたり」を意味する表現としても、「잘못~」を使います。

後に続く文を見て、どちらの意味か見極める必要があります。

まとめ

틀리다と잘못하다の区別がつかない人は、こう考えてみましょう。

すべきこと、正しいことをしなかったため(잘못해서)
間違いが起こった、よくない結果につながった(틀렸다)

時系列で「過程と結果」に注目すると、違いをつかめると思います。

확실해

こういった表現は、字幕でばらつきが出ます。

映画やドラマを見る時は、「自分ならどう訳すか」を考えながら見るのもいいでしょう。